夜泣き対策!宇津救命丸3タイプの詳細・比較と実際の効果について

赤ちゃんの夜泣きや癇癪などを改善するお薬「宇津救命丸(うづきゅうめいがん)」の、3タイプの詳細・比較と実際の効果についてまとめてみました。

通販リンクも下部に貼ってありますので、お買い物にお役立てください。

宇津救命丸とは

宇津救命丸は、生後3ヶ月から15歳頃まで使える漢方薬です。

  • 夜泣き
  • かんむし(癇癪)
  • ひきつけ
  • 下痢・消化不良
  • 胃腸虚弱
  • 乳吐き

などの症状を改善します。

直径2~3mmととても小さな粒でできており、赤ちゃんでも無理なく飲むことができます。

製造は、1597年創業の子供専門の総合医薬品メーカーである株式会社宇津救命丸が手掛けています。

宇津救命丸3タイプの詳細

宇津救命丸は以下の3タイプあります。

  • 宇津救命丸 糖衣
  • 宇津救命丸 銀粒
  • 宇津救命丸 金粒(Gold)

    ※生薬の配合量が少ない順に記載しています
    ※「金粒」と「Gold」のパッケージは異なりますが中身は同じです

飲み方は共通で、1日3回、食前にお湯で服用します。

薬を飲むのが苦手な乳幼児は、母乳やミルク、離乳食、ジュースなどと一緒に与えてもOKです。

飲み方以外の詳細については以下にまとめました。

成分の作用や配合量については表にしたので、各項目では記載しません。

宇津救命丸 糖衣 150粒(第3類医薬品)

生薬独特の味や苦みを和らげるために、糖衣でコーティングされたものです。

成分の内容から乳幼児に特化したものだと考えられます。

成分
  • ゴオウ(牛黄)
  • レイヨウカク(羚羊角)
  • ギュウタン(牛胆)
  • ニンジン(人参)
  • オウレン(黄蓮)
  • カンゾウ(甘草)
  • チョウジ(丁子)
用量

3ヶ月未満・・・服用させないこと
3~11ヶ月・・・1回3粒
1~2才・・・1回6粒
3~4才・・・1回8粒
5~7才・・・1回10粒

宇津救命丸 銀粒 119粒・247粒(第2類医薬品)

銀箔でコーティングしてあり、「糖衣」にはないジャコウが配合されています。

ジャコウの配合により、14歳頃まで効果を得られるようです。

成分
  • ジャコウ(麝香)
  • ゴオウ(牛黄)
  • レイヨウカク(羚羊角)
  • ギュウタン(牛胆)
  • ニンジン(人参)
  • オウレン(黄蓮)
  • カンゾウ(甘草)
  • チョウジ(丁子)
用量

3ヶ月未満・・・服用させないこと
3~11ヶ月・・・1回3粒
1~2才・・・1回6粒
3~4才・・・1回8粒
5~7才・・・1回10粒
8~10才・・・1回15粒
11~14才・・・1回20粒

宇津救命丸 金粒(Gold) 103粒(第2類医薬品)

銀粒と比較して、ジャコウを3倍、ゴオウを1.3倍増量し、銀粒、金粒よりも更に鎮静作用を期待できるものです。

入園や入学、受験などでストレスを感じ、神経が高ぶっている幼児、児童におすすめとのこと。

成分
  • ジャコウ(麝香)
  • ゴオウ(牛黄)
  • レイヨウカク(羚羊角)
  • ギュウタン(牛胆)
  • ニンジン(人参)
  • オウレン(黄蓮)
  • カンゾウ(甘草)
  • チョウジ(丁子)
用量

3ヶ月未満・・・服用させないこと
3~11ヶ月・・・1回3粒
1~2才・・・1回6粒
3~4才・・・1回8粒
5~7才・・・1回10粒
8~10才・・・1回15粒
11~14才・・・1回20粒

生薬(成分)の主な作用と配合量の比較

3タイプそれぞれに配合されている生薬と主な作用、配合量を表にしました。

生薬名(成分名)と主な作用糖衣銀粒金粒(Gold)
ジャコウ
鎮静
なし1.0mg3.0mg
ゴオウ
鎮静
10.0mg9.0mg12.0mg
レイヨウカク
鎮静
30.0mg30.0mg30.0mg
ギュウタン
消化促進
12.0mg12.0mg12.0mg
ニンジン
消化促進、下痢止め、鎮静
110.0mg110.0mg112.8mg
オウレン
消化促進、下痢止め
60.0mg60.0mg60.0mg
カンゾウ
消化促進
60.0mg60.0mg60.0mg
チョウジ
消化促進、下痢止め
9.0mg9.0mg9.0mg

金粒(Gold)はジャコウとゴオウだけでなく、ニンジンの配合量も若干多いことがわかります。

タイプの選び方

特長や生薬の配合量を見ると、ざっくりと、

  • 糖衣・・・乳児
  • 銀粒・・・乳幼児
  • 金粒(Gold)・・・幼児以降

といった感じでしょうか。

赤ちゃんでこの薬を初めて使う場合は糖衣から試してみるのがおすすめです。

タイプの選び方については宇津救命丸公式HPがわかりやすい表を掲載しているのでそちらをご参照ください。

実際の効果(糖衣、銀粒)

生後4ヶ月から夜泣きが始まり、生後6ヶ月から糖衣を、生後7ヶ月から銀粒を飲ませています。

薬服用前の夜泣きの様子は・・・

  • 1日5~6回(1時間~2時間に1回のペース)
  • ギャン泣き
  • 放っておくと30分くらい泣いている
  • 授乳すればわりと落ち着くが、授乳さえ拒否することもある

こんな感じでしたが、薬を飲んだことでどうなったのか、それぞれのタイプについて感じたままに書いてゆきます。

言いたいことだけ一言で書くと、「試す価値アリアリのアリ」です。

糖衣

飲み始めてから3日目から明らかな変化がみられました。

夜泣きが1日3~4回に減ったのです。

しかも泣き方が穏やかに。

泣きすぎておっぱいさえも拒否するということはなくなりました。

母乳と一緒に飲ませていたのですが、甘いからか嫌な顔をせずに飲んでくれました。

むしろおいしそうに舐めていました。

銀粒

1日2~3回、糖衣を1ヶ月近く続けて飲み切ったので、次は銀粒を試してみました。

銀粒を飲み始めてからは夜泣きが2~3回に減りました。

泣き方も穏やかで、授乳なしでも再入眠することも出てきました。

もしかしたら成長に伴ってそうなっている部分もあるかもしれませんが、保育園通いや多忙な日々の中で飲ませるのを忘れてしまったり、あえて飲ませなかったりすると夜泣きが激しくなる傾向があるので、薬の効果は一定以上あるのだと思います。

飲ませ方は糖衣と同じで、母乳と一緒に与えています。

甘いコーティングがないからか多少変な顔をしますが、吐き出さずに飲んでくれます。

全部飲み切ったらせっかくなので金粒も試してみようと思っています。

ドラッグストアか通販で購入できます(通販リンクあり)

宇津救命丸はドラッグストアか通販で購入できます。

ただしドラッグストアには全種類ない場合もあるので、そんなときは通販をご利用ください。