記事内にアフィリエイト広告(Amazonアソシエイトを含む)を掲載している場合があります。

6歳の長女、おねしょで頻回にシーツを濡らすためオヤスミマンを導入

おねしょが治らない6歳長女、ここのところ週に何度もおむつからはみ出るくらいのおねしょをしてシーツを濡らします。

早朝に「ふぁああああぁぁあぁああ!!!」という奇声とともに起こされ、眠い目をこすりながらシーツを剥がす作業、そして寒空の下、水を含んで重くなった防水シーツを干すのがとても苦痛になってきました。

4~5歳ならまだしも、もうすぐ小学生になる6歳なので、「なんでまだ頻回におねしょするんだよ……」と、正直イライラもしてしまいます。

夜用おむつ「オヤスミマン」の導入

そこで、夜用おむつ「オヤスミマン」を導入することにしました。

今までは昼用のパンパースを穿かせていたのですが、長女のおねしょのことを愚痴った保育園のパパさんに「それじゃ甘いよ」と指摘を受けたためです。

今まで考えたこともなかったのですよね、夜用のおむつを穿かせること。たまにシーツまでいってしまうことはあれど、週に何度も、というわけではなかったので。そもそも存在自体意識していませんでした。保育園のパパさんに言われなければ、文句を垂れながらおしっこで濡れたシーツをあくせく洗い続けたことでしょう。

さて、オヤスミマンを導入した長女、今日で2日目ですが、なぜかおねしょをしていません。オヤスミマンの吸収力はいかほどかと期待していたのに。そう、もはやシーツが濡れなければいいという考えなのです。

保育園のパパさんは「おむつが変わったせい?」と考察していますが、慣れたらまたダダ漏れになるのでしょうか。ちなみにそのパパさんの息子さんは、オヤスミマン+防水ズボンのダブル防御構造でもシーツまでいってしまうらしいです。水分のコントロールもしているだろうに……心中お察しします。

抗利尿薬は飲むのをやめた

先日泌尿器科でもらった抗利尿薬は、2週間分を飲み切りましたが再受診していません。薬を飲んでも飲まなくても同じくらいの量のおしっこが出るし、シーツまでいくからです。

その泌尿器科、2時間くらい待つのですよ。小さな子供を2人連れていくのはちょっとかなりしんどくて、敬遠してしまいます。すぐ受診できて帰れるなら連れていきやすいのですけどね。

小学校に上がってもなおおねしょが続くようであれば、もう一度連れて行ってみる考えです。それまでは水分のコントロールをしながら子供の成長を待ってみます。

【補足】使用中の防水シーツ

ちなみに、我が家で使っている防水シーツはシングルベッド用の大きなものです。ズレないしどんな寝相にも対応できるのでおすすめです。

早くおねしょ収まれください

精神的な負担が大きいので、早くおねしょが収まってくれたらいいなと思います。もはや子供のためじゃなくて私のためです。