【経験談】単身赴任でタイミングが合わない夫婦の1回で成功した妊活方法

妊活 妊娠 単身赴任 夫婦

長月です。

今回は、私が実際に行った「単身赴任でタイミングが合わない夫婦の1回で成功した妊活方法」をお伝えします。

この記事では

  • 私たち夫婦の状況
  • 単身赴任でタイミングが合わない私たち夫婦の妊活方法

について実体験&信頼できる情報源をもとに書いています。

「子供が欲しいけどタイミングの問題でなかなかできない」という方は参考にしてみてください。

注意

この世に100%妊娠する方法は存在しません。

しかし私はこの記事でご紹介する方法で1回で妊娠したので、試す価値はあると思います。

私たちの状況:日本と韓国を行き来する夫婦

まず初めに、私たち夫婦の状況を書きます。

  • 夫:韓国在住
  • 私:日本在住
  • 会う頻度:2か月に1回(※コロナ禍以前)
  • 3学年差で2人目の子供を希望

仕事のために韓国に住んでいる夫。

それでも2か月に1回、3日~1週間程度は会っていたのですが、私の体のタイミングとお互いの仕事の都合を合わせるのはとても大変なこと。

3学年差で2人目を望んでいても月日だけが過ぎていき、焦りを感じていました。

「生理日移動」…単身赴任でタイミングが合わない私たち夫婦の妊活方法

そんな私たち夫婦が試して1回で成功した妊活方法は、「生理日移動」でした。

生理日移動は、生理日を早めたり遅らせたりすることです。

このうち、単身赴任中の妊活には「生理日を早める方法を利用します。

一見、生理日移動と妊活には関係がなさそうに見えますが、「生理のタイミングをずらす=排卵のタイミングをずらす」であるため、うまくいけば妊娠の可能性が上がります。

妊活に利用するのは「生理日を早める

生理日移動には早める方法と遅らせる方法があり、妊活に利用するのは「早める方法」です。

しかもある程度日にちをコントロールできます。

よって、夫婦で会う日あたりに意図的に排卵日をもってくることが可能なのです。

生理日移動には早める方法と遅らせる方法があり、妊活に利用するのは「早める方法」です。

生理日を早める方法は「中用量ピルを飲むこと」

生理日を移動させるには、中用量ピルを飲む必要があります。

低用量ピルでも可能ですが、中用量ピルの方が確実性が高いため、生理日移動目的で処方されるのは中用量ピルが多いようです。(情報源:検索結果1ページ目の複数の医療機関サイト)

私は生理を早めたことも遅らせたこともあります。

その当時のこと(ピルの服用日数、出血が起こるまでの日数、副作用など)を書いた記事もありますので、

参考までにご覧ください。

生理日移動 中用量ピル プラノバール【体験談】「早める・遅らせる」中用量ピルでの生理日移動

生理日を早めるための中用量ピルの飲み方

生理を早める場合の流れはこうです。(情報源:私が受診した医療機関の主治医)

  1. 早めたい生理の1つ前の生理が開始して5日目から中用量ピルを飲む
  2. 生理を起こしたい日の2~5日前にピルをやめる
  3. ピルをやめてから2~5日後に生理のような出血が起こる(※消退出血)
  4. 約2週間後に排卵され、通常の生理が来る

中用量ピルで妊活するときの計画の立て方

ここで私たち夫婦の例をあげて、中用量ピルで妊活するときの計画の立て方をご説明します。

私たちは以下のようにして計画を立てました。

  1. 11月中旬:12月30日~1月3日に夫に会うことが決定 排卵日を1月1日に設定
  2. 11月30日:生理開始
  3. 12月4日:生理5日目 ピル服用開始
  4. 12月11日:ピル服用終了(計8日間)
  5. 12月15日:消退出血(服用終了から4日目)
  6. 12月30日~1月3日:夫と会う
  7. 1月中旬過ぎ:妊娠判明(受胎日1月1日)

カレンダーで見てみると、このような流れになります。

夫と会う日が11月中旬に決まり、1月1日頃に排卵を起こすと仮定して計画を進めました。

つまり、夫婦で会う日の約1ヶ月半前から準備していたわけです。

その結果、見事妊娠。

しかも受胎日が1月1日だったため、排卵日まで確実にコントロールできたようです。(これには私もびっくりしました。)

どこからどうやって計画を立てればいいかわからない場合は

生理日移動に慣れていないと、どこからどうやって計画を立てればいいかわからないかもしれません。

そのような場合は、

  1. 夫婦が会う日を決める
  2. 会う日を排卵日と仮定する
  3. 仮の排卵日の約2週間前に消退出血が起こると仮定する
  4. 生理開始5日目から消退出血予定日の4~5日前までピルを飲む

という手順で進めてみてください。

なお、仮の排卵日はご自身の周期に合わせて設定してください。

私の場合はいつも生理開始から16日目あたりに排卵することが多かったため、仮の排卵日の16日前に消退出血が起こるようにしました。(実際には17日前に起こりました。)

また、もし2~3日しか夫婦で会えないという場合は、2日目か3日目に仮の排卵日を設定することをおすすめします。

なぜなら、

  • 卵子の寿命:約1日
  • 精子の寿命:約3日

(情報源:一般社団法人日本生殖医学会

であり、実際の排卵日が多少前後してもうまくいく可能性があるからです。

中用量ピルの副作用や生理日移動の悪影響は?

ここで気になるのは、中用量ピルの副作用生理日移動の悪影響だと思います。

まず、中用量ピルの副作用には

  • 吐き気・嘔吐
  • 下痢
  • 乳房の張り

などがあります。(情報源:日経メディカル

最も出やすい副作用は吐き気のようで、医療機関のなかにはピルと一緒に吐き気止めを処方してくれるところがあります。

ちなみに私はプラノバールという中用量ピルを何度か飲みましたが、吐き気を含む副作用が起こったことは一度もありませんでした。

また、生理日移動の悪影響については、健康に害のあるものではないため心配しなくてもよいです。

経験上、その後の生理周期に変動はなく、本当にただ生理日が移動したというだけでした。

中用量ピルを購入できるところ

中用量ピルを購入できるところは、

  • 婦人科クリニック
  • オンライン診療サービス

です。

婦人科クリニック

個人的に考える婦人科クリニックの特徴は、

  • 生理以外のことも相談できる
  • 処方量を調整してくれる
  • 時間の確保が必要

です。

生理以外のことの相談もできるのはやはり婦人科クリニックの強みです。

ピルは必要な日数分だけ処方してくれる場合が多いです。

受診する時間を確保しなければいけないのは、忙しい方には結構ハードルが高いですね。

オンライン診療サービス

オンライン診療サービスには

などがあります。

オンライン診療サービスの特徴は何と言っても

  • 忙しくても、身だしなみが乱れていても気軽に受診できること
  • 1シート(21日分)処方してくれること

です。

すっぴんボサボサでも関係なく、空いた時間に受診できるのはやはりオンライン診療サービスならではですね。

ピルは大体1シートで処方してくれるため、余ったものは別の生理日移動に使えて重宝します。

まとめ:単身赴任中の妊活の極意「やれるだけのことをやってみる」

今回の記事では「単身赴任でタイミングが合わない夫婦の妊活方法」として、

中用量ピルで生理を早めて排卵日をコントロールする方法をお伝えしました。

記事冒頭にも書きましたが、この世に成功率100%の妊活方法はありません。

しかし、この方法で子供を授かった私という実例がありますので、試す価値はあると思います。

この妊活方法が気になった方は、まずは婦人科クリニック or オンライン診療サービスで生理日移動のご相談を。