一人目と二人目では全然違う!私のつわり体験記

一人目と二人目では全然違う!私のつわり体験記

自分が妊娠をするまで実態がつかめなかった「つわり」
そのつわりも一人目と二人目とでは全然違うことも、二人目を妊娠するまで知りませんでした。

今回は、私自身の「一人目と二人目のつわり体験記」を書いていきます。
また、妊娠に伴うさまざまな症状も併せて書いていきます。

  • 現在妊娠を考えている方
  • 妊娠が判明したばかりの方
  • 二人目を望んでいる方

などの参考になれば幸いです。

自分自身の妊娠記録としても残しておこうと思います(^-^)

一人目のときのつわり体験記

一人目のときは軽く、長いつわりでした。

軽かったけど出産まで続いたのは辛かったです(>_<)

妊娠初期(妊娠0~15週/妊娠1~4ヶ月)

私が妊娠に気付いたのは妊娠5週目の頃。
生理が予定日から1週間を過ぎても来なかったことがきっかけでした。

その頃、すでになんとなく気持ちが悪いような感じがありました。
食べ物石けん類洗剤類の匂いにも敏感になり、若干の吐き気を催していました。
それに伴い、食事の量がいつもの2/3くらいに減りました

元々は2~3人前をペロリと食べてしまう大食いタイプだったので、2/3減ったところで至って普通の量なのですが…

週数が進むにつれ、石けんやシャンプー、衣類の洗剤の匂いを嗅ぐとたちまち吐き気に襲われ、
トイレや浴室で吐いてしまうことが度々ありました。
入浴したときは必ず吐いていました(^-^;)

それでも食事は以前よりは量が減ったにしても、きちんと食べられていました
水分も問題なく摂れていました

食の好みはまったく変わらず。
梅干や納豆をいつもより食べたくなったぐらいでした。

妊娠10週目あたりが一番匂いに敏感で、職場での昼休みはちょっときつかったです。
同じ控室でみんな一斉にご飯を食べるので匂いが充満していて、よく息を止めていました(笑)

他には、身体が火照って汗をかきやすかったりひどい眠気に襲われたりしていました。

仕事中に意識が飛びそうになるほど眠かったこともありました。
医療現場で働いていたので常に緊張感がありましたが、それでも越えられない眠気…。
ホルモンのせいなので気の持ちようではどうにもなりません。

<要点>

  • 食べ物や石けん・洗剤類の匂いによる吐き気・嘔吐
  • 身体の火照り
  • 異常な眠気

妊娠中期(妊娠16~27週/妊娠5~7ヶ月)

つわりが落ち着くと言われる妊娠中期は、食欲がものすごく増え
かつて食べていた量よりもはるかに多い量のご飯を食べていました。

焼きそばなら3食スパゲティなら乾麺で150g。これでも満足はしていませんでした。

飲食店に一人で行き、スパゲティを3人前にデザートのケーキまで食べたことも。
とにかく、周囲の人からびっくりされるほどの量を食べていました

男性の店員さんに「アンタまだ食べるのかよ?!」と突っ込まれそうなほどオーダーしてました。
自分でもドン引きです。が、食欲には勝てなかった。
食べることが楽しくて楽しくて仕方なかった。

この頃は、食べ物の匂いで気持ちが悪くなることはなくなっていましたが、
今度は常に食べていないと気持ちが悪くなっていました
食べつわりというやつですね。
仕事中もそうなので、合間を縫ってチョコレートなどの甘いお菓子を食べていました。

石けんや洗剤の匂いは相変わらず吐き気を催し、入浴する度に吐いていました。
服を着るときも息を止めないと吐いてしまいました。

火照りや眠気は収まりましたが、今度は全身が浮腫んできて、動くのが億劫になってきました。
たくさん食べていたせいもあると思いますが(^-^;)

この頃には非妊娠時から7kg近く体重増加していたので、医師に注意されました(^-^;)

当時本人には、自分がそこまで食べている自覚はありませんでした。
これまで通り、食欲のままに食べていたというだけ。
なので「なんでいつも通り食べてるだけなのにこんなに体重増えるの?!」と本気で思っていました。
今考えるとバグっています。

妊娠中期は、石けんや洗剤などの匂いを嗅がなければとても快適な時期でした。


<要点>

  • 急激な食欲増進
  • 常に食べていないと気持ちが悪くなる(食べつわり)
  • 石けんや洗剤などの匂いで吐き気・嘔吐
  • 急激な体重増加
  • 浮腫み

妊娠後期(妊娠28~39週/妊娠8~10ヶ月)

お腹がボーンと出てくる妊娠後期。

この頃になってもなお、石けんや洗剤の匂いを嗅ぐと気持ち悪くなっていました
無香料のシャンプーを使っても、無香料の独特な匂いで吐いていました
この頃にはお風呂場で吐くのが当たり前だと思うようになっていましたね(笑)

相変わらず常に食べていないと気持ちが悪くなっていましたが、
お腹が大きくなってあまり量が入らなくなりました
食べたいのに入らないから、ちゃんと加減をしないと戻ってきてしまうことも…。

また、お腹が大きくなったことで膀胱が押され、
くしゃみをするときに漏れてしまうことが出てきました(T▽T)

24歳で尿漏れなんて…とショックを受けた記憶があります。
尿漏れは産後半年くらいまで続きました。
生理現象とはいえ、切ないですね(T▽T)

妊娠中期に比べて食事の量は少し減ったはずなのに、体重増加は止まりませんでした。
出産時にはなんと、非妊娠時+12kg!!

二人目妊娠中の今でも、未だに先生や助産師さんにチクチク言われます…(笑)
1ヶ月で1kg未満の増量が望ましいペースだそうです。
10ヶ月でプラス12kgは確かに褒められたものじゃないですね(笑)

股関節がずれる感覚もあって、
立っているときや歩いているときに突然ピキン!と痛むことも多々ありました。
体重を増やし過ぎたせいなのでしょうか…。

この頃には歩行も遅くなり、何をするにも体力が奪われてしんどかったです。
そして何よりも、匂いつわりが出産するまで続いたのが辛かったです。

<要点>

  • 継続する匂いつわり
  • 食べつわり→食べる→入っていかない→吐く
  • 尿漏れ
  • 継続的な体重増加
  • 股関節の痛み
  • 身体が鉛のように重い

一人目妊娠時を振り返って

冒頭にも書きましたが、
匂いつわりが出産まで続いたのがとにかく辛かったです!

ですが耐えられていましたし、仕事も無理することなく行けていたので軽かったという印象です。

妊娠初期でも比較的よく食べられていましたし、
つわりに対するネガティブな感情はあまり湧きませんでした。

こんなもんかぁ~という感じでした。

つわりのせいで二人目以降を考えられなくなるなんてことはありませんでした。

二人目のときのつわり体験記(後日更新予定)

当記事を執筆中の現在は妊娠中期(妊娠7ヶ月目)なので、
後期以降のお話は出産後に更新します!

二人目のつわりは本当に本当に過酷でした…。

生命の危機を感じたし、もう妊娠なんてしたくないと思いました。

妊娠初期(妊娠0~15週/妊娠1~4ヶ月)

妊娠に気が付いたのは妊娠5週目に入った頃。
一人目のときと同じように、生理が遅れていることがきっかけでした。

心拍を確認できたのが妊娠6週目に入った頃で、まだつわりの症状はありませんでした
あったことと言えば身体の火照り眠気

妊娠7週目に入ってようやく、なんとなくご飯が食べたくないなぁという感じの気持ちの悪さが出てきましたが、
一人目のときよりは穏やかだったので、今回のつわりは軽いのかも!と期待しました。

海外に住む夫にも毎日「全然つわりがない☆今回は楽勝かも☆」なんて呑気なLINEを送っていました。
本当に、それはそれはハッピーな毎日を過ごしていましたよ…。

が、妊娠8週目に入ろうとした頃、急激につわりの症状が出てきました

食べ物の匂いでの吐き気・嘔吐
そして、一人目のときと同様に、石けんや洗剤などの匂いによる吐き気・嘔吐

その頻度は一人目のときとは比べ物にならないほど多く症状も重かったです。

台所に入ることさえできなくなりました。
入ったものならその瞬間に吐いてしまいました。
なので妊娠初期は食事作りはできませんでした

入浴もできないくらいに吐き気が強く、2~3日お風呂に入らないこともざら
子供をお風呂に入れることもできないので、実父にお願いしていました。
(夫は海外に住んでいます)

トイレの芳香剤の香りでも吐き、服を着替えるだけでも吐き、
何をしても、どこにいても吐いていました

子供の寝かしつけの時間帯が地味に地獄で、
子供の服の匂いをなるべく嗅がないように息を止めていました。

本当はかわいくて愛しくてたまらないはずなのに、抱きしめるのも苦痛でした。
いろんな意味で辛かったです。

食事は少しなら食べられましたが、ほんの数口程度
子供よりも食べていませんでした。
体重はみるみる減っていきました

水分も全然摂れませんでした
水でもお茶でもどんなものでも。
飲んだらすぐに吐いてしまうので飲めませんでした。

歯磨き粉の味もダメだったので、歯磨き粉は使わずに歯磨きしていました。

起きているだけで吐き気に襲われるので、
子供の保育園の送迎以外の時間はずっと横になっていました。

眠気もすごかったので、子供のように2時間ぐらいガッツリ昼寝をしていました。

仕事はちょうど別件で休職していたので不幸中の幸い…。

妊娠9週目に行った妊婦健診で尿からケトン体が検出され、即点滴となりました。

あまりにもひどいつわりの場合は点滴を打つこともあると聞いていたけど、
まさか自分がそうなるなんて思ってもいませんでしたし、
つわりがこんなに辛いものだとは知りませんでした(T_T)

点滴を2時間程かけて打って、少し身体が楽になったような気がしました。

でも、栄養や水分を補っただけでつわり自体がおさまったわけではないので、
次の日からはやはり飲まず食わずで寝込む日々…。

だんだん唾液つわりも出てきました。
唾液がじゃぶじゃぶとめどなく出てくるんですよね。

飲み込むとまた吐いてしまうけど、
どうにかしないとすぐ口の中が唾液でいっぱいになってしまうので、
大きなマグカップを枕元に置いて、吐き捨てながら休んでいました。

小一時間でマグカップは満杯に。

飲むものも飲めないのに唾液で出ていってしまうので、身体はカラカラです。
トイレに行く回数も半日に1回程度になってしまいました。

そんなこんなで妊娠12週目の妊婦健診のときには、
非妊娠時からなんと約3kgも体重が減っていました

よく「妊娠12週頃になるとつわりが落ち着く」と聞きますが全然落ち着く様子がなく、
また出産時まで続くのかも…と不安になると同時に、かなり落ち込みました。

育児書もそうだけど、いくら専門家が書いているものであってもあてにならない!
参考にはなるかもしれないけど、やはり人間の身体はそれぞれ違うのだから、自分を型にはめようとするのは危険だなと思いました。思っています。(半ば八つ当たり)

身体は相当しんどかったですが、
なんとかがんばって病院に点滴を打ちに行っていました。

別件での休職期間が終わろうとしている頃になっても体調が安定しないので、
仕事は思い切って辞めました

つわりがおさまったとしても、もう一人目のときのようには動けないと思ったので。

それぐらいきついきつい妊娠初期でした。

<要点>

  • 身体の火照り
  • 眠気
  • 急激な匂いつわり
  • 食事・水分の摂取が困難
  • 尿からケトン体
  • 唾液つわり
  • 急激な体重減少
  • 点滴で水分と栄養補給

妊娠中期(妊娠16~27週/妊娠5~7ヶ月)

「ほとんどの人がつわりが落ち着く時期☆」とあちこちに書いてあるのに、
妊娠16週を過ぎてもあまり落ち着きませんでした

相変わらず石けんや洗剤などの匂いで吐いていました。
入浴は全身シャワーだけで済ませることがほとんど。

食べ物は少しだけ食べられるようになりましたが、
調子に乗って食べるとすぐに戻してしまうので、
「2歳児のご飯より少し多め」を目安に食べていました。

水分は、ごく少量のココアノンカフェインのカフェオレだったらなんとか飲めました。

ブレンディのノンカフェインのカフェオレには相当お世話になりました…。
今は当時を思い出してしまって逆に飲めなくなってしまったけど(笑)

やっとつわりが落ち着いたかなと思えたのは妊娠20週頃

だんだん匂いが気にならなくなっていって、
食べ物もおいしいと感じられるようになりました。

それと同時に、職場を辞めたことで運動量が一気に減ったのに
普通の量(一般的な一人前の量)を食べているので一気に体重が増えました

だからなのか、全身が浮腫み始めました

ちなみに妊娠24週目の現在、非妊娠時よりプラス5kgです。
一度つわりでマイナス3kgになったので、トータル8kg増えたことになりますね。
そりゃあ身体に負担がかかりますよね。

一人目のときと違うのは、食べつわりがないこと。
食べなくて気持ちが悪くなることはありません。

匂いに関しては、もう食べ物の匂いも石けんや洗剤などの匂いも大丈夫です。

が、なぜか歯磨き粉だけは使うと吐いてしまうことがあるんですよね…。
だから、朝昼は何もつけずに磨いて、夜に少量だけつけるようにしています。
寝る前はフロスでのお掃除も欠かさずに(>_<)

あとは、お腹に膀胱が押されることで、くしゃみをすると高頻度で尿漏れします。
くしゃみをする度に緊張が走ります(^-^;)

眠気は収まりました。

妊娠中期の途中からは食べたいものを食べられる生活になり、本当によかったです(T_T)

食の好みは非妊娠時から結構変わりました。
ポテトチップスなどのスナック菓子が大好きだったのですが、まったく受け付けなくなってしまいました。
身体にいいものではないので、ちょうどよかったのかもしれませんが。

<要点>

  • 妊娠20週頃まで続く匂いつわり
  • 食事を少しずつ摂れるようになる→妊娠24週で急激な体重増加
  • 水分摂取も問題なくできる
  • くしゃみで尿漏れ
  • 歯磨き粉の味は相変わらずNG
  • 全身の浮腫み

妊娠後期(妊娠28~39週/妊娠8~10ヶ月)※後日更新!

執筆中の現在は妊娠24週目なので、妊娠後期のことは後日更新します(^-^)

誰一人として同じつわりはない

一人目のときも二人目のときも匂いつわりがメインでしたが、
その頻度や重症度、対象物はそれぞれで違いました

また、人によってもつわりの重い軽いは違います

実母は出産経験1回で、つわりはお味噌汁の匂いを嗅ぐとちょっとだけ気持ちが悪くなる程度でとっても軽かったそう。

妊娠初期からパン作り教室に通えてしまうくらいだったので、
ゲーゲー吐いて一日中寝込んでいて、一人目の面倒すらままならない私を見て、
最初は理解ができなかったそうです。

私の周りでも、あまり記憶にないくらい軽かったという人や、
辛すぎて寝込んでばかりいたという人までさまざま。

誰一人として同じつわりはありません。
子供によっても違います。

だからこそ、自分自身や周りの人を理解してあげられたらいいですよね!
つわりで大変なとき、せめて精神面ぐらいは楽でいたいものです。

理解と共感と自分の記録のために当記事を作成しました。
何かのお役に立てれば嬉しいです(^-^)