我が子はいつから生寿司・刺身を食べるようになったか?

我が子はいつから生寿司・刺身を食べるようになったか?

記事執筆現在2歳11ヶ月の娘は生寿司とお刺身が大の大の大好物

焼き魚は気が向いたときにしか食べないけど、生魚は大人の分まで食べてしまいます。

スーパーの特売で買ってきた刺身の盛り合わせはもう、大人3人と幼児1人で食べるには足りません……!

我が子はいつから生寿司・刺身を食べるようになったか?

我が子が生寿司や刺身などの生魚を初めて食べたのは、確か2歳半になる前でした。

それまでは生魚に興味を示さなくて、大人がお寿司を食べるときには納豆巻きやかんぴょう巻きなど、子供が好きそうなものを買ってきていました。(あの頃は安上がりだったなぁ…)

ところがある日、大人がいつも通り生寿司を食べているといくらに興味を示し、自分で一粒つまんで食べたのです。

一応魚卵なのでアレルギーの心配をしましたが、一粒食べたところで何の変化も起きず、本人が欲しがっていたので数粒あげました。

するともっともっととなり、結局上に乗っているいくらはぜーんぶ食べてしまいました。(シャリは食べなかったけど(笑))

大人たちが「へぇ~!いくら食べるんだねぇ!と感嘆してその日は終わりましたが、次にお寿司を食べるときにはいただきますをする前に大人の軍艦巻きを全部自分の皿に移して食べ始めていました(笑)

アレルギーがないことを1歳頃に確認済みの甘エビもあげてみると喜んでパクパク。

「エビもいけるんだねぇ!」なんて言っていたら、ホタテやまぐろなども自分から手で掴み、しょう油もつけずに食べ始めたのです。

口に入れてみて「やっぱりいらない!」と言って投げつけられるかと思ったら、もっとちょうだいと大人のお皿を引き寄せる始末。

娘に取られまいと慌てて食べる羽目に。

それからは娘用にも生寿司を買うようになりました。

シャリは1/3くらい残すけど、10貫分くらいはペロッと食べてしまいます

2歳11ヶ月時点で我が子が食べられる生魚は…

2歳11ヶ月時点で娘が食べられるものは、

  • いくら
  • 甘エビ
  • ホタテ
  • まぐろ(赤身・大トロ)
  • サーモン
  • イカ
  • とびっこ

などです。

生寿司に使われる主要なネタは食べられるということですね。

ウニはアレルギーの心配や贅沢品ということでなんとなくまだあげないでいるのですが、3歳前にして一丁前に生魚を食べます

まとめ

この通り娘は2歳半で本格的に生魚デビューしました。

インターネットで「子供 生魚 何歳から」と検索をかけていた日々が懐かしいです。

2歳を過ぎていたら、興味があるようならあげてみてもいいのではないでしょうかね?

アレルギーは本当に怖いものなので、少しずつ様子を見ながら。

食中毒にも十分に気をつけながら。

高くつくけど子供も大人も同じものをおいしいおいしいと言って食べられることはとっても幸せですし、何より食事が楽しいですね。

我が家では誰かの誕生日にはお寿司を食べることが多いのですが、最近では子供も一緒に盛り上がれるのでみんなハッピーです。

最後に一応、専門家のご意見がまとまったページも貼っておきます。ご参考までに!

お刺身はいつから、何歳から食べられる?-母子栄養協会