【経産婦】いきなり5分間隔?!本陣痛から始まった二人目出産レポート

長月です。

今回は、私の二人目出産レポートを綴っていきたいと思います。

二人目の出産はなんと、いきなり5分間隔の陣痛から始まりました。

「陣痛の間隔が15分くらいになったら電話してくださいね」と病院の先生に言われていたのに、陣痛が始まった時点ですでに5分間隔。

それは焦りましたよ。

この記事では、

  • お産の兆候から分娩まで
  • 陣痛室での過ごし方
  • “3いきみ”で産み落としに成功したいきみ方のコツ

などについて書いているので、

  • 現在進行形で陣痛っぽいものがあってオロオロしている
  • 初っ端から5分間隔の陣痛が起きているような気がする

以上のような妊婦さんは、ザザッと読んでみてください!

いきなり5分間隔の陣痛で入院→出産!

現在進行形で陣痛が来ている方のために先に結論から書きますと、いきなり5分間隔で陣痛が始まることはあります

\陣痛から出産までの流れ/

  • 軽い生理痛みたいな痛みが起こる
  • 痛みは20秒くらい続いては消え、また痛くなる(5分間隔)
  • 1時間後には3分間隔に!
  • 病院に電話→内診→入院→出産
  • 痛みが起きてから出産まで7時間

以下で余裕のある方向けにお産の兆候から分娩まで詳しく書いていきますね。

お産の兆候

\お産の兆候のポイント/

  • 出産予定日3日前から身体に変化が
  • 前駆陣痛なし

出産予定日3日前…下腹部に違和感現る

\出産予定日3日前/

  • 下腹部に違和感
  • 「あと2~3日で産まれそう」という女の勘発動

出産予定日3日前、お腹がずんと下がってきたような感じになり、なんとなく生理が来る前のような違和感が現れ始めました。

痛みはないけど、これから何かが起こりそうな違和感。

生理のある女性ならきっとわかるであろうこの感覚。

女の勘で、あと2~3日で産まれそうだなと思いました。

出産予定日前日…これはおしるしなのか?

\出産予定日前日/

  • 微妙な出血(一時的)
  • 続く下腹部の違和感

出産予定日前日、私は子供を少し遠くの公園に連れて、アクティブに動いていました。

距離としては車で30分くらいの所。

次の日が出産予定日だったので、万が一の破水やおしるしに備えていたのですが、出先でこれはおしるしなのか…?というくらい本当にビミョーな出血がありました。

出血のような、そうではないような…とにかく「ビミョー」という言葉がぴったり。

初産だったらビミョーすぎて見過ごしてしまうかも。そのくらいのものでした。

出血はトイレに行った2回くらいあっただけで、増えることはなく止まりました。

その間、下腹部の違和感はずっとありました。

妊娠期間中に一度も出血したことはないので、この時期に出血っぽいものがあったということは、早かれ遅かれ陣痛が起こるんだろうなと思いました。(経産婦の勘)

いきなり5分間隔の陣痛!15分間隔になったら病院に連絡をと言われていたのに!

  • 出産予定日前日の23時半頃、下腹部に絞られるような痛み
  • 計測開始時点ですでに5分間隔!
  • 20秒続いては消える痛み
  • 1時間様子を見た後、病院に連絡(その時点で3分間隔)
  • 陣痛タクシーで病院へ

おしるしのような出血があった出産予定日前日の夜、いつものように23時半頃に上の子を寝かしつけて(この頃子供がなかなか寝ない時期だった)自分もそろそろ寝よう!としているとき、下腹部にキューッと絞られるような痛みが。

最初は「お?いよいよ前駆陣痛か?」と思っていましたが、頻繁に痛みが起こるので念のために時間を計ってみると、なんと5分間隔😱

痛みは20秒くらい持続しては消え、また5分後に痛みが起きて…

これは前駆陣痛ではなく本陣痛だ!と思い、1時間だけ様子を見て病院に連絡しました。

なんとその頃には3分間隔で痛みが起こっていました。ヤバッ。

私の妊婦としての状況、

  • B群溶連菌が陽性で、分娩前に抗生物質の点滴を打つ必要がある
  • 経産婦でお産が早く進む可能性がある

ということがあったので、医師からは「陣痛間隔が15分になったら病院に連絡してください」と言われていたのですが、初っ端から5分間隔っていう…。

ただ、痛みの程度はそんなに大したことがなかったので、今すぐどうにかなるとは正直思ってませんでした。

徐々に痛みが強くなっていることは確かでしたが🤔

上の子を起こさないように出かける準備をして、予め登録しておいた陣痛タクシーを呼んで病院へ向かいました。(夫は海外在住なので実家の両親に託しました😀)

迷う助産師さん…でも入院することに

  • 出産予定日当日の午前1時過ぎ、病院到着
  • 子宮口3cm
  • 助産師さんが迷うも入院決定

病院に着いたのは出産予定日の午前1時過ぎ。

内診にて子宮口が3cmであると確認。

助産師さんは「痛みはまだまだ強くないし破水もしていないので、本陣痛ではなく前駆陣痛かもしれず、痛みが引いてしまう可能性があり、その場合は入院しても一旦家に帰らなければいけない」ということでしばらく悩んでいましたが、

  • 現時点で3分間隔の痛みがある
  • 経産婦で急激にお産が進む可能性がある
  • 抗生物質の点滴を打つ時間の確保も必要

という他の条件も考慮して、入院させてくれました。

私が懇願したのもあるんですけどね!

女の勘で、このまま痛みが引くことは考えられなかったんですよ。

少しずつではあるけれど、確実に痛みが強くなっていましたし。

一度家に帰ったらすぐ病院に戻ってくることになりそうな気がしたので、私に迷いはありませんでした。

妊娠・出産のときは女の勘が本当によく当たります。

これは本能なんでしょうね。好きです、本能って言葉(笑)

陣痛室で過ごす時間

  • 新型コロナウイルスの影響で、孤独なお産
  • 韓国にいる夫とLINEでやりとり(チャット、ビデオ通話)
  • 1時間毎に内診
  • 子宮口は1時間に2~3cmずつ開く
  • カロリーメイトで栄養補給

今年は新型コロナウイルスの影響で、陣痛室での付き添いは禁止。立ち会い出産ももちろん禁止。

一人目のときは母が陣痛室で付き添ってくれましたが、今回はその母すら来られませんでした。

さすがに誰とも関われないのは心細いので、韓国にいる夫とLINEでやりとりをしました。

まだまだ余裕な内はメッセージを送り合い、痛みでもだえるようになってからはビデオ通話をしました。

腰をさすってもらったりお尻の穴を押さえてもらったり水を飲ませてもらったりという、身の周りの世話のようなサポートよりも私にはありがたく、心強かったですね。

私の性格上、中途半端なことをされるとイライラしてしまうから(笑)

1時間ごとに内診。どんどん進むお産。

陣痛室に入ってからは1時間ごとに助産師さんに内診してもらいました。

病院到着時に3cmだった子宮口は、1時間ごとに2~3cmずつ開いていったようです。

痛みもどんどん強くなっていきました。

痛いことは痛かったんですが、一人目のときとは違って体感的にどんどんお産が進んでいっている感じがあったので、そこまで辛くはなかったですね。

辛さには精神的なものが大きく関わっている気がします。

まぁ実際、痛みに耐える時間は一人目のときより短かったんですけどね!

一人目と二人目で痛み方が違う?

一人目のときと二人目のときでは、一人目のときの方が痛かったように思います。

やはり一人目のときは何もかもが初めてで、何の予想もできないままお産に臨むじゃないですか。

だから、ちょっと恐怖心みたいなものがあって、余計に痛みを感じていたように思いますね。

あとは単純に、一人目のときの方がお産の進みがゆっくりで、分娩台に上がるまでの時間が長く、痛みにもだえる時間が長かったので辛かったです(笑)

分娩台に上がる前にかなり体力を消耗していて、ヘトヘトでした。

一人目のときはベッドでのたうち回り、横に置いてあるテレビ台を破壊する勢いで暴れまくってたんですよ。

でも二人目のときは、ベッドの柵を掴んで静かに痛みと戦うっていう。

そのくらいの差がありましたね。

出産2回目となると、これから自分の身体がどうなっていくのかある程度予想ができたから、結構冷静でいられたのだと思います。

栄養補給のベストなタイミングは

二人目の出産時、カロリーメイトで栄養補給したんですが、食べるのにベストなタイミングというものがあります。

それは、痛みが強くなる前

陣痛が来る度にうずくまるようなレベルになると、おちおちカロリーメイトなんか食べていられなくなります。

立っていられないし、痛みのせいでどうかなりそうで、固形物を口に入れる余裕なんてなくなるから。

だから、陣痛が来てもまだ立ったり座ったりできるよ~というくらいのタイミングで栄養補給することをおすすめします。

そこで一気にカロリーを流し込んで、出産に臨むって感じです。

だんだん水分すらも摂るのが大変になってくるので、ぜひお早めに。

私は陣痛が起こったときに座るのが若干辛くなってきた頃、カロリーメイトを1箱一気に摂取しました。

これのおかげで力尽きることなく分娩までいけたと言っても過言ではありません。

水分も同時に摂れるゼリー飲料もいいかもしれませんが、私は元々大食いで、ゼリーだとパワーが出ないので、固形のカロリーメイトにしました。

産後の授乳期は黙っていてもものすごくお腹が空くので、ストックがあるといいかもしれません。

私は常備して、よく食べてました。

いざ分娩台へ!なかなか全開にならない子宮口と人工破水

  • 余裕のあるうちに分娩台へ
  • なかなか全開にならない子宮口
  • 初めての人工破水(不快感MAX)

陣痛が来ていないタイミングで、陣痛室から分娩台へ移動しました。

トイレに行っておくかどうか悩む余裕さえありましたね。

一人目のときなんて、千鳥足だったのに!

でも、このくらい余裕な状態だと、赤ちゃんはまだまだ産まれてきません。

失神寸前の痛みにならないと産まれてこないんですよ。

分娩台に上がったはいいものの、子宮口がなかなか全開にならず、助産師さんに「まだですかぁ?!?!?!?!」と叫んでましたね。

あのいきみ逃しというやつが一番辛いですからね!

もう出てきそうなのに、出したいのに、まだダメ!って言われるんですから!

子宮口がやっと全開になったと思ったらなかなか破水せず、助産師さんの手で人工破水してもらいました。初めての経験です。

一人目のときは病院に着いたときの内診で破水したのに!

人工破水の感覚は、もう、気持ち悪いったらありゃしませんでした。

なんて言うんですかね、

水をパンパンに入れた風船に針をプスッと刺して、風船がパンッ!と弾けて水がダバーッ!と出てくる感じ。

あれが自分の腹で起こっているんです。

どうですか。気持ち悪くないですか。

あのときばかりはギャー!と叫んでしまいました。

3いきみで産み落としに成功。いきむコツは?

  • 子宮口全開⇒破水⇒いきみ開始!
  • 3いきみで産み落としに成功

子宮口が全開になり、破水もし、いきんでOKと言われたので心置きなくいきみました。

「いきんでいいよ」と言われたときの救われた感じ、なんとも言えないですね。

我が子と対面することの次くらいに感動的です。

今回は一人目を出産したときから高い評価を得ていたいきみのスキルで、なんと3いきみでの出産に成功しました。

いきむコツは、

  • 助産師さんの言うことは半分聞いて半分無視すること
  • 自分が苦しくない呼吸法をすること
  • いきむときに声を出さないこと
  • 妊娠前に体力作りをすること

助産師さんはその道のプロです。だからアドバイスは正しいです。

でも、助産師さんでもひとりひとりの肺活量まではわかりません。

私は肺活量が多めの人間なのですが、助産師さんのタイミングに合わせて息をすると、浅い呼吸になっちゃって苦しくて苦しくてしょうがないんですね。

まず、お産のときは自分が苦しくなっちゃいけないので、助産師んさんの言うことは半分聞いて半分無視しちゃいましょう。

助産師さんのタイミングとズレてても、自分が楽に呼吸できるのが一番大事ですから。

ちゃんと息を吸えてないと、うまくいきめないですしね!

いきむときは、無言でいきみましょう。

声を出すと、力が抜けてしまうからです。

口は一文字。これがベターです。

歯科衛生士は噛みしめが気になるので奥歯を浮かせて、一文字にした唇に全力を込めていきんでました(笑)

上手にいきむために最も大事なのはやはり、妊娠前・妊娠中からの体力づくりだと思います。

姿勢に気を付けるだけでも腹筋と背筋が鍛えられ、妊娠時の身体の歪みを最小限に抑えられたり、いきむときにいきみやすくなります。

私は元々特に運動などしてきませんでしたが、姿勢には常に気をつけていて、運動していないのに腹筋が割れているタイプでした。

おかげで楽にいきめましたね。もともとの筋力があったから。

妊娠週数が進んでもお腹があまり前に出てこなかったのも、この腹筋のためらしいです。

少しでも楽に産みたいのであれば、妊娠前・妊娠中から体力づくりをしましょう。

我が子との対面!二人目のお産は楽だった

  • 出産予定日当日の午前6時15分頃、第二子と対面
  • 陣痛開始から分娩までは約7時間(経産婦としては平均的)
  • 二人目のお産は一人目のときよりも進みが早かった
  • この世で一番痛いのは出産の痛みではなく、腰椎椎間板ヘルニアの痛みだと改めて思った
  • 初産の場合でもいきなり5分間隔で陣痛が始まることがあるのですぐ病院へ連絡を!

出産予定日前日の23時30分頃に陣痛が始まり、翌日、出産予定日の6時15分頃、第二子との対面を果たしました。

陣痛から分娩までにかかった時間は約7時間でごくごく平均的でしたが、やはり二人目は一人目のときに比べて進みが早く、とても楽でした。(一人目のときも時間は平均的ではありました)

そして、二度の出産を経験しましたが、この世で一番痛いのはお産の痛みではなく、腰椎椎間板ヘルニアの痛みだということを再認識しました。

お産の痛みよりも痛いものがありますので、安心して挑んできてくださいね。(どんな励まし方)

なお、初産でもいきなり5分間隔で陣痛が起こることもあるので、躊躇せずに病院に連絡しましょう。

世のお母さんたち、ファイト!!!