一人目のトイレトレーニング記録(進め方、反省など)

一人目のトイレトレーニング記録(進め方、反省など)

二人目のトイレトレーニングの時の参考にしたいので、一人目のトイレトレーニング(トイトレ)の様子を記録していこうと思います。

あちこちのサイトにトイレトレーニングの開始時期や進め方などを専門家の方が書いてくれていますが、あれはあくまで目安であり理想です

あの通りになんてぜっっったいにいきません!!!

(中にはサクッと進むお子さんもいるかもしれませんが…)

私がここで、思うように進まないトイトレに関して生の声を届けようと思います

これからトイトレを始めるお母さん方の参考になることもあるかもしれないので、ぜひ見ていってください(^-^)

まず、トイレトレーニングの開始時期(目安)や進め方について、専門家の意見に少し触れておきますね。

トイレトレーニング(トイトレ)とは

開始時期の目安進め方について触れていきます。

開始時期の目安

トイレトレーニングの開始には、ある程度の心身の発達が必要です。

一般的には1歳7ヶ月以降になると、トイトレができるぐらいの発達がみられるそう。

開始の目安は、

  • 1.トイレまで自分で歩いて行ける
  • 2.便座やおまるにしっかりした姿勢で座っていられる
  • 3.大人の問いかけに、「はい」「イヤ」など簡単な言葉で答えられる
  • 4.おしっこの間隔が2時間以上空く(オムツを替えてから、濡れているかをこまめにチェックするとわかります)
  • 5.「抱っこして」「ちょうだい」など自分の気持ちを伝えることができる
  • 6.大人のマネができる
  •  これらが全てそろっている必要はありませんが、できれば1から4はできる方が、トイレトレーニングがスムーズに進むでしょう。
  •  また、おうちのかたに余裕があることも大切です。
  • 1.トイレトレーニングにじっくり付き合うだけの、時間的、精神的余裕がある
  • 2.お子さんとの関係が安定している(イヤイヤ期に入ったばかりなどは避ける)
  •  トイレトレーニングは一進一退の場合も多いので、おうちのかたがじっくり取り組めるときを選ぶようにしましょう。

出典・参考:ベネッセ 教育情報サイト トイレトレーニングはいつから? 時期・やり方・進め方などコツを教えます

統計的には2~2歳6ヶ月でトイトレを開始する人が多いそうですが、子供ひとりひとり発達の仕方も性格も違うので、焦らず、あくまで参考程度に

我が子も発達こそ一般的でしたが、性格が慎重派なので2歳9ヶ月まで待ちました(^-^;)

進め方

トイレトレーニングの進め方はこちらのチャートを参考にしてみてください。

トイレトレーニングの流れ

引用・参考:ベネッセ 教育情報サイト トイレトレーニングはいつから? 時期・やり方・進め方などコツを教えます

子供の状態・様子に合わせて段階を進めたり、戻したりしながら最終的にトイレで排泄ができるようにもっていきましょう(^-^)

それでは、以下から一人目のトイレトレーニングの様子を記録していこうと思います。

一人目のトイレトレーニング記録

トイトレ開始の目安の条件が揃っていてもチャート通りに進まないことは当たり前です。

これから産まれてくる二人目のトイトレはもっと心穏やかにできるように、反省の念も込めつつ書いていきます(^-^;)

まだトイトレを開始させたばかりなので、おむつが外れるまで1ヶ月毎に更新していきますね。

いつから・どのような状態で始めたか

トイトレを意識し始めたのは娘が2歳9ヶ月のときでした。

暦は5月。暖かい日が増え、私のつわりも落ち着いてきた頃。

娘は言葉の発達が早く、何でも理解し言葉で表現するのが得意でした。

おしっこの間隔はわりと近い方で、1時間毎に少しずつ排尿している様子でした。

トレーニング開始の目安とされている「おしっこの間隔が2時間以上あく」という条件には当てはまりませんでしたが、まずはトイレの空間に慣れてもらおうと思い、ゆっくり始めました。

トレーニング方法

子供はもうすぐ3歳になりますが、トイトレに関しては新米ママです。

日々、試行錯誤しながら進めています。

時にはうまく進まないことのイライラをぶつけてしまうことも(^-^;)

これが一番トイトレを進められない原因になるのだと痛感しているところです(^-^;)

1ヶ月目(2歳9ヶ月):トイレという場所に慣れさせる

2020年5月、2歳9ヶ月

まずはトイレに慣れてもらおうと思い、私がトイレに行く度に娘を一緒に連れて行きました。

「お母さんトイレに行くけど、一緒に行く?」と声をかけるとニコニコしながらついてきてくれました。

おしっこが出ると保育園の先生のように「上手~!!」と手を叩いてくれました。

娘が言うには、保育園ではトイレでおしっこをしているみたいです。(知らなかった)

トイレに対して何の抵抗もないことがわかりました。

ひとまず1ヶ月間は私やおばあちゃんのトイレに同行させました。

その間にトイレで用を足したらペーパーで拭いて流し、手を洗ってから出るという流れを覚えたようでした。

2ヶ月目(2歳10ヶ月):補助便座に慣れさせる⇒少しずつおしっこができるように

2020年6月、2歳10ヶ月

補助便座を買ってきて、いよいよトイレでの排泄に挑戦してみました。

補助便座が物珍しいのか、すすんで座ってくれました。

最初は座るだけで親も子も満足でしたが、あるときおしっこがチョロチョロ…と出てきたので心の底からほめたたえると、このことが動機付けになったのかトイレでおしっこをする確率が上がりました。

平日の昼間は保育園に行っているので就寝前にトイトレを進めるようにしました

約1週間で就寝前のおしっこがトイレで上手にできるようになったので、いよいよ布製のトレーニングパンツを使ってみることにしました。

★娘が使っている布製トレーニングパンツについての記事はこちら!⇒漏れてもすぐびしょびしょにならない布製トイレトレーニングパンツ

娘が気に入りそうな可愛い絵柄のパンツを用意し、「お母さんと同じだね!」と言って見せると、ズボンの上から穿き出すくらい気に入ってくれました(しめしめ)。

平日は難しいので、土日の家にいる時間帯だけトレーニングパンツを穿かせるようにしました(昼寝のときは漏れが心配なのでおむつを穿かせました)。

朝起きて、いつもだったらおむつに穿き替えるのをパンツに穿き替えさせたとき、「このままおしっこをしたらズボンまでびしょびしょに濡れちゃうからね。おしっこをしたくなったらお母さんに言うんだよ。トイレでおしっこしようね。」と一応説明しました。

まぁ、その通りにはならないだろうと思いながら(笑)

当然、初日は午前だけで用意した4枚すべて消費しました(^-^)

雨降りの日だったのでなかなか乾かなくて大変でした。

時折「トイレに行こうか?」「おしっこしたくない?」と声をかけてはいましたが、

遊びを中断したくなかったり尿意がよくわからないのかトイレに向かわなかったりでタイミングを逃し、すべてパンツに放ってしまいました。

初日ですし、娘にとっては未知のことですから仕方ありません

トレーニングパンツと共に過ごす初めての土日は、「パンツとズボンが濡れたら気持ちが悪い」という感覚を知ってもらえたら大成功です。

びしょびしょに濡れたズボンはさすがに不快だったのか私のもとへ駆けてきて、

ズボンを慌てて脱ぎながら「ズボン替えてください!」と必死に頼んできました。

その必死さに心の中でガッツポーズ

新しいパンツとズボンに穿き替えさせながら「トイレでおしっこするとズボンが濡れなくていいよ~!」と言っておきました。

恐らく、理解はしただろうと思います。

2回目の土日もそこそこ漏らしましたが、1回目のときよりトイレでおしっこができるようになったので、漏らす頻度が減りました。

トイレに行かせるタイミングは、起床後、朝食後、昼食前・後、昼寝後、入浴前、就寝前

遊びの途中だと行きたがらないこともありましたが、「出なくてもいいから。座るだけでもいいから!」と言ってなんとか誘導していました。

3回目の土日は私に何度もトイレトイレと言われるのが嫌になったのか、トイレを嫌がるようになりました。

無理矢理連れて行かないといけないくらい…。

「本当はちゃんとトイレでおしっこができるのでなんで行かないんだ?!行かずにパンツにおしっこするなんて!!」と、思うようにトレーニングが進まないことに対するイライラや焦りが出始め、泣き叫ぶ娘を無理矢理補助便座に座らせてしまいました…。

娘は用を足さずにすぐに降りたがり、泣きわめいていました。

親がストレスを感じて焦るのが一番良くないんですよね。

無理矢理連れて行くなんてもってのほかです。

出るものも出なくなっちゃいますよね(汗)

解ってはいるのに…。

3回目の土日を機に、平日の朝もトイレを嫌がるようになってしまいました。

夜だけはなぜか自ら「トイレ行きたい」と声をかけてくれ、おしっこもちゃんとできるのですが…。

そして2歳11ヶ月を目前にした頃、ある大きな変化がありました。

今まで朝起きるとおしっこでパンパンに膨らんでいたおむつが1滴も濡れていないのです。

突然何があった?!と思うくらいの大きな変化。

成長と共に、就寝中は利尿を抑制するホルモンが分泌されるようになるのですが、娘にもいよいよそのホルモンが分泌されるようになったようなのです。

おむつがまったく濡れていないためか、起床後トイレに行くのを「おしっこ出てないもん!」と更に嫌がるようになりました。

抱っこしながらなんとかトイレに連れて行き、座ってくれれば一安心ギャン泣きで拒否されると朝から心で戦争勃発(^-^;)

最終的には溜まったおしっこを全部出すのですが、そこに漕ぎつくまでが一苦労な2ヶ月目でした。

それまでどんなに機嫌が悪くても、おしっこが出た後はケロッとしてニコニコするのに、なぜトイレが嫌なんだろう。

あまり急かさないように、イライラしないように心がけているし、できたら思い切りほめるようにしているのですが…何か見透かされているのでしょうか。

3ヶ月目は親も子ももっと穏やかな気持ちでトイレに行けるように、場合によってはトレーニングの頻度を減らそうかなと思います。

あ、ちなみに、うんちの方はトイレではしません

何が何でもしたくないみたいです。

気づけば1歳になる前から筋金入りの便秘症で、ずっとお薬を飲んでいるんですね。

トイレでうんちをするように促してもすごく嫌がるので、うんちのときだけは自由にさせています。

トイレでしたくないからと、自分のタイミングで出せなくてまた糞詰まりになったら困りますからね(^-^;)

トイレでうんちができるようになるまではまだまだ時間がかかりそうです。

3ヶ月目(2歳11ヶ月):親は諦める。本人の意思に任せる。

1ヶ月目、2ヶ月目と「トイレトイレ!」になってしまった私の頭を一回冷やすべく、一度“トレーニング”をやめました

大人がトイレトイレと言っても子供が必要性を感じていなかったら進まないですもんね。冷静になって考えたら当たり前のことです。

今すぐできなくてもいつかは必ずおむつが外れ、トイレで用を足すようになるんだから、焦る必要はまったくなかったんですよね。

この2ヶ月、娘にはかわいそうなことをしてしまったかなぁと思います。

かと言ってまったくノータッチなのもそれはそれでどうなのかと思うので、娘の嫌がらない範囲でトイレを促すようにしています。

土日にトレーニングパンツを穿かせたり、夜寝る前にトイレに誘導したり。

トレーニングパンツと夜寝る前のトイレはまったく嫌がらないので、習慣づけています。

朝起きたときのトイレは「ご飯食べてから行く~」と言ってやる気がないので、「あ、そう、OK♪」と本人の言うことを聞いています。

ご飯を食べた後は保育園に行くまでEテレを観るので絶対にトイレになんか行きませんけどね!!!

とりあえずトレーニング3ヶ月目はこんな感じでゆる~く進めています。

お陰で私も娘もストレスが溜まりません。

劇的に何かができるようになったわけではないけど、夜寝る前のトイレが習慣化されたのはよかったなと思います。

それと、うんちはまだまだおむつにしますが、出した後に「これパンツ?」と聞いてくるあたり、少し成長したなと思います(笑)

4ヶ月目も本人の意思に任せて、のんびりとやっていこうと思います。

本当は2人目が産まれる前におむつが外れたらよかったのですが、それは親のエゴなので、その考えは封印します。

4ヶ月目(3歳0ヶ月):トレーニング完全停滞期

8月に入り、トイレトレーニングも4ヶ月目に突入しました。

が、相変わらずパンパースのお世話になっています。

保育園ではお友達と一緒にトイレに行って上手く用を足せているそうなのですが、家では昼寝前と夜寝る前にしかトイレに行きません

トイトレパンツはしばらく穿くのを嫌がったので穿かせていませんでした。

8月も終わろうとしている今日この頃、やっと「お姉さんパンツ穿く」と言ってくれたので穿かせてみましたが、昼間はどうしてもトイレに行きません。

急かすと余計に行きたがらなくなるので、完全に本人の意思に任せています。

まあ、昼寝前と夜寝る前はちゃんと自分のタイミングで「トイレ行きたい」と言ってくれるからいいか~(^-^;)

保育園でのおむつ使用量もものすごく減ったので、良しとしましょう。

二人目が産まれるまであと1ヶ月。

残念ながら二人目が産まれるまでにおむつが外れることはなさそうですが、気長にやっていきます(^-^;)

 

5ヶ月目(3歳1ヶ月):初めて外出先でトイレに行く

寝る前ぐらいしかトイレに行かないというのは変わらず。

ところがある日、公園で遊んでいると「トイレに行きたい!」との声が…!

生まれて初めて公園の、と言うか外出先のトイレに入りました。

おむつに少し出てしまっていて、穿き替えさせるのが大変でしたが、ちゃんとトイレでおしっこができました。

初めてのことだったので本人も私も大喜び。

これで拍車がかかってくれれば…!と期待しました。

が、そう簡単にはいかず。

二人目の子が産まれてもやはり、おむつは外れることはありませんでした。

6ヶ月目(3歳2ヶ月):保育園でトレーニングパンツスタート

保育園の先生から「最近全然おむつが濡れていないので、日中はトレーニングパンツで過ごしてみてもいいですか?」との声がかかりました。

家ではトレーニングパンツを嫌がる or 穿かせても漏らすのに!!!

ひとまずお昼寝前まではトレーニングパンツで過ごすようにしてもらいました。

家ではまだまだ、夜寝る前にしかトイレに行かず。

7ヶ月目(3歳3ヶ月):お昼寝時もトレパンで!

保育園ではお昼寝前におむつに替えてもらっていたのですが、そのおむつも濡れないようになったので、「お昼寝のときもトレーニングパンツでどうですか?」との提案が。

帰宅するまでずっとトレーニングパンツで過ごすことになりました。

1ヶ月続けてパンツが濡れてしまったことはたったの1回。

我が子よ…すごいじゃないか…保育園でトイレ、頑張っているんだねぇ…

帰宅しておやつを食べる前に一度トイレに行くという習慣ができ、本当に、保育園様様という感じです。

尚、うんちはまだまだおむつでないとする気がないようなので、入浴後はおむつを穿かせています。

7ヶ月目(3歳4ヶ月):やっとトイレでうんちをしてみようとする

朝起きてからトイレに行く習慣もできたので、登園前からパンツを穿かせて、お風呂に入るまでパンツで過ごすようになりました。

1ヶ月前には帰宅してから一度トイレに行きたがっていたのに、この頃には膀胱にだいぶ溜められるようになったのか、お風呂に入るまで一度も行きません。親は冷や冷やものです。

1回か2回だけですが「トイレでうんちしてみる!〇〇くんみたいに!」とお友達の名前をあげてトイレでうんちを頑張ってもみました。

まだどうやって踏ん張ったらいいのかわからないみたいで、爪の先ぐらいのうんちしか出ませんでしたが、本人は初めてトイレでうんちを出せた!と喜んでいました。

私も、トイレでうんちをしようとしたことに成長を感じ、嬉しくなりました。

8ヶ月目(3歳5ヶ月):自分でトイレに行きたがる。漏らさない。

今までは休みの日、買い物や公園に行くときはおむつを穿かせていたのですが、トイレに誘導するとすんなり来てくれるようになりましたし、自分で「おしっこ~」と言ってトイレに行くようになったので、子供を信じて、パンツで過ごすようになりました。

漏らすこともなく、保育園に行く日と同じようにお風呂に入るまでパンツで過ごせるようになりました。

外出先でも自分から積極的にトイレに行ってくれるので助かっています。

ただ、やはりうんちはまだまだおむつでないと安心して出せないみたいです。

本人は入浴後にパンツを穿きたいと言うのですが、試しに穿かせて便意をもよおしたときにトイレに連れて行ったのですが、爪の先ぐらいしか出ず、2日間溜め込んでしまったので、夜だけはやはりおむつが必要みたいです。

慢性的な便秘持ちで薬まで飲んでいるので、詰まらせちゃうと大変なんですよね…。

まあでも、トイレでうんちしてみる!という気になってきているみたいなので、それはかなり前進したなと思います!

今まで、何がなんでもトイレではうんちしたくない!という感じだったので。