お昼寝を卒業した4歳児の睡眠の話

長月です。

今日は、ここ1ヶ月くらいお昼寝をしていない4歳児の話をします。

保育園では寝たり寝なかったりのようですが、休みの日は昼寝をしなくなったので、勝手に「お昼寝の卒業」だと思っています。

どんな風にお昼寝を卒業したか

元々保育園のない日は、午前中に公園などでたくさん遊んで、午後2時頃から2時間くらい昼寝をとっていました。

しかし4歳になってからは、だんだんと寝つきが悪くなってきて。

午後3時半にやっと寝ついた!なんてこともしばしば。

そこから2時間くらい寝るので、起きるのが午後5時を過ぎることもありました。

そうなると今度は夜寝ません。

平気で12時頃まで起きています。

布団には21時半頃には連れて行くんですが…

寝つくまでずーっと、ベッドの上でゴロゴロしたり独り言したりしています。

そろそろ昼寝卒業かな?と私が考え始めた頃、ためしに15時を過ぎたらもう寝かさないことにしました。

15時まではとりあえず寝る部屋にいてもらって、ゴロゴロさせる。体を休ませる。

それで寝ないなら部屋を出ていいことにする。

4歳児はテレビでYouTubeを観たいので、部屋を出ていいよと言うと、さっさと出ていきます。

私は下の子を寝かしつけた後、隣で一緒に休みます。

私も休まないと夜までもちません。

下の子が起きるまでは、4歳児はYouTubeタイムです。

4歳児は昼寝をしなくても、夜まで元気に起きています。機嫌が悪くなることもありません。

テンションが高くなる傾向はありますが。

そして、夜22時頃には寝ついてくれます。

一度実験的にこんな感じで過ごしたら、4歳児にとっても親にとってもすごく楽だったので、それからは休みの度にこの流れで過ごしています。

4歳児からしたら、眠くもないのに寝かされるストレスがなくなるし、親からしたら、夜早く寝てくれるので少しくつろぐ時間ができるので、今のところ良いことしかありません。

普段はYouTubeを見せることに抵抗がある私ですが、下の子を寝かしつけている間は遊んであげられるわけではないし、YouTubeがすべて悪だとも思っていないので、少しの間だけYouTubeの力を拝借しています。

いつの間にか外国語を覚えてくれたのはYouTubeのおかげでしかないですし。

こんな感じで、長女は4歳で昼寝を卒業しました。

トータルの睡眠時間は変わりません

お昼寝をしなくなった代わりに夜に早く寝るようになったので、トータルの睡眠時間は変わりません。

今まで昼と夜とで睡眠を分けてきたけど(最後の方は無理矢理)、子供がそれで問題なく過ごせるなら無理に分ける必要はなかったんだなーと今更思いました。

お昼寝は5歳くらいまでは絶対に必要だと勝手に思っていたんですけど!

昼寝がない方が夜にぐっすり眠れている感じがするので(動きが少ない)、睡眠の質も上がったのではないでしょうか。

こんなにいい感じなら、もっと早くお昼寝を諦めていればよかったなーと思いました。

何事も、頑張り過ぎはよくないのだと改めて感じました(笑)