【記録】次女、1歳8ヶ月でイヤイヤ期が始まる

イヤイヤ期 1歳 2歳 赤ちゃん 子供 育児 幼児 子育て 癇癪

長月のブログへようこそ。

今回は「1歳8ヶ月でイヤイヤ期が始まった次女」について

  • どんな癇癪を起こすか
  • 対応の仕方

などを記録する。

1歳8ヶ月になった瞬間に始まった次女のイヤイヤ期

我が家の次女は1歳8ヶ月になった瞬間にイヤイヤ期が始まった。

それまで長女と比べるとさまざまなことがとてもスムーズにいく子だったため、親は衝撃を受けている。

そして次女もまた、自分でびっくりしているようだ。

イヤイヤ期の1歳8ヶ月次女 どんな癇癪を起すか

イヤイヤ期が始まった次女は、

  • 服を脱ぐのも着るのもイヤ
  • 自分でシャワーをかけるから手伝うな
  • 自転車のお姉ちゃんのチャイルドシートに乗らせろ、そして降ろすな

など、大体毎日こんなことで癇癪を起こす。

ひどいときは地べたに寝転んでジタバタする。

スーパーなどでたまに見るアレだ。

一度怒り出すと5分くらい泣き止まないから、親のメンタルも削がれていく。

しかし本人もなぜ自分がイラついているのかわからないといった具合だから、同情はする。

イヤイヤ期の1歳8ヶ月次女への対応

そんな怒りん坊な次女への対応はこのようにしている。

  • 合わせられるところまでは合わせる
  • 「これ以上は無理」となったら泣こうが喚こうが強行突破
  • 他のものに関心を向けさせる
  • 放っておく

これが正しいかどうかはわからない。

次女は2人目の子供だが、1人目はそこまでイヤイヤしなかったため、2人目とはいえ試行錯誤だ。

基本的にはできる限り次女のやりたいようにさせるが、時間的・精神的に「これ以上は無理!」となったら、泣こうが喚こうが強行突破している。

その前に他のものに関心を移そうと試みることもある。

たとえば、シャワーを離さないときはちょっとした風呂掃除を手伝わせるなどだ。

子供がずっとシャワーを持っていると次のことに進めない。

しかしそこで無理矢理奪うと癇癪を起こすから、洗面器やイスを洗わせる。

すると「自分でできた」という満足感を得られるらしく、比較的スムーズにシャワーを貸してくれるのだ。

もちろんこれはタイミングが合わないとうまくいかないから、どうしても大人がシャワーを使いたいときは無理矢理奪っている。

すると子供は激しく怒って泣くが、しょうがない。

そう、「しょうがない」のだ。

「しょうがない」を知ることも子供にとって必要ではないだろうか。

なぜなら、人と人が一緒に生きていくには、折り合いをつけないといけないからだ。(1歳から仕込む。)

どんな言葉をかけても泣き止まない状況になったら、もう、放っておく。

何か言うとかえってヒートアップするからだ。

まとめ:癇癪があまりにもひどいが、1ヶ月後に期待

親の頭がクラクラするほど癇癪がひどい次女だが、1ヶ月後に期待している。

もちろん今よりひどくなる可能性はあるが、少し落ち着く可能性もある。

子供の成長に期待やらお祈りやら深呼吸やらしながら、1ヶ月を過ごしてみようと思う。