100均の霧吹きで寝癖直しを時短でできるのか試してみた

スプレーボトル1

某美容系YouTuberさんが「100均のスプレーボトルを使えば寝癖直しも時短でできる!」と仰っていたので、衝動的にダイソーさんでスプレーボトルを買ってきました。

スプレーボトル1

購入したダイソーのスプレーボトル

化粧水などを入れて使うのでしょう。

シンプルな柄が入っていてちょっと可愛い。

で、本当に寝癖直しが時短でできるのか、何日間か試してみました。

100均のスプレーボトルで寝癖直しは時短でできるのか?

率直に言います。

答えは「NO」です。

私の使い方、髪質のせいかわかりませんが…手に水をつけて髪を濡らす方がよっぽど早く済みます。

このスプレーボトルの難点

この製品は柔らかいプラスチックでできているため、プッシュしたときにボトル部分がへこんでとても使いづらいです。

スプレーボトル2

こんな風に、結構簡単に凹みます。

ポンプ部分も結構強く押さないとスプレーが出てこないので、手が疲れます。

しかも連続してシュッシュッと出すことができません…。

ポンプ部分が上がってくるのを待ってからでないと押し込めないのです。

急いでいるときはポンプが上がってくるのを待つことさえためらわれます!

また、寝癖を直すにはしっかりと髪の根元を濡らさないといけませんが、ポンプを力強く押すときにポンプ部分がクルクルと回ってしまいがちで、根元に狙いを定めるのが非常~~~に難しいです。

何もない空中目掛けて噴射してどうするのでしょう…。顔も高確率でびちゃびちゃになります。

ボトルに水を入れて、ポンプノズルをはめて、使い終わったら容器から水を捨てて乾かして…という作業も、朝の忙しいときには大きな手間になる気がします。いや、なりました。

寝癖直しを時短でしたいなら

サイズは大きくなってしまいますが、園芸用品コーナーに置いてあるような本当の「霧吹き」なら、吹き出し口が回転することもなく、根元もしっかり濡らせて時短になるかもしれません。

手でしっかりと握って使えるので疲れないでしょうし。

しかし、一番時短になる方法は、

  • 手で直接頭に水をつける
  • 頭を水道水に突っ込む

という原始的な方法だと思います。

アイテムのケアもしなくて済みますし、この身ひとつで完結させられるのですからね。

そもそも寝癖がつきにくいようにするのもひとつの手段ではないかとも思います。

私は夜、お風呂上りに髪を乾かす前と後に、大島椿のヘアオイルをつけています。

ヘアオイルをつけるようになってからは寝癖がかなりつきにくくなりました。

というか、全然つかないですね!

1年以上寝癖直しはしていないと思います。

寝癖も気にならないズボラな性格なだけ、なんてことはきっとないはず。

皮脂が多めの体質ですが、つけるのは頭皮ではなく髪の毛なので、脂っぽくなることもありません。

寝癖に悩まされていてヘアオイルを日常的に使っていない方はぜひ試してみてください~!

 

 

 

終わりに

よく雑誌の特集などで時短術として様々なアイテムが紹介されていますが、そういうものを使わずに原始的にやる方がかえって時短になることもあるんだなぁと思わされました。

アイテムを使おうとすれば買いに行く手間、商品を選ぶ手間、お金を出す手間もかかりますしね。(極論)

これから100均でスプレーボトルを買って時短で寝癖直しをしてみようと思っている方の参考になれば幸いです。