インスタグラムでマルチ商法の勧誘?ニュースキンって何ぞや?

今回は、しがない子持ち主婦である私が、instagram(インスタグラム)でマルチ商法の勧誘を受けて、詳しく話を聞いた結果を書いていく。

私の心のどす黒さが全面に出た文章のため、気分が悪くなりそうな人はそっとブラウザバックしてほしい。

美容プロモーション事業?ある日突然、インスタグラムで1通のDMが届く

ある日突然、instagramに1通のDMが届いた。

私のインスタアカウントは、お気に入りの服とかたまたま化粧がうまくいったときの目元の写真とかを載せている、完全自己満足のためのアカウントだ。

フォロワー数は70人程度。

インスタグラマーなどとは程遠いものだったのだが、なぜか突然、仕事紹介のDMが届いたのだ。

DMの送り主から投稿にいいねやコメントはもらっていない。

「私は美容プロモーションの仕事をしている者で、新製品のプロモーションを一緒に行っていただける方をヘッドハンティングしています」

といった内容。

相手は女性で、自分のことを“人事担当”だと言っていた。

文章からにじみ出てくる朗らかな人柄。

返信する前にその人のアカウントに飛んでみた。

詐欺アカウントによくある高級バッグや高級グルメの写真などは一切ない。

DMから感じられた朗らかな人柄が、投稿一覧からも感じ取れた。

投稿内容は“普通の女の子の日常”という感じだったため、ひとまずどんな仕事なのか聞いてみることにした。

なかなか仕事内容を教えてくれない人事担当…身内に対して「他の方」?

仕事内容についてはLINEで電話できる人にだけ教える、ということで、私たちのやりとりの場はLINEに移った。

インスタグラムのDMでも、LINEのチャットでも、「自己紹介を兼ねて電話します」と言ってかかってきた音声通話でも、仕事内容については何も教えてくれなかった。

何度聞いても、「私は人事担当で、詳しい話は“他の方”がするので、今度zoomで3人でお話ししましょう」の一点張りだ。

しつこく聞かれても折れずに何も話さないこと、人事担当ということは会社のはずなのに、身内を“他の方”と呼ぶことに違和感を覚えた。

怪しい副業の紹介かと思いはした。

でももしかしたら真っ当な仕事かもしれない。

もし真っ当ではなかったとしても話の種になる。

そう思った私は、zoomで話を聞くことにした。

見よ、好奇心と図々しさを兼ね備えたアラサー女のガツガツ感を。

ちなみに、「自己紹介を兼ねて電話します」と言ってかかってきた電話のことだが、その女性は全く自己紹介をしてくれなかった。

名前、どこに住んでいるか、昔どんな仕事をしていたかといった簡単なことは話してくれたが、今現在何をしているのかは教えてくれてなかった。

代わりに、私が住んでいるところに憧れがあるとか、今住んでいる地域の人たちはみんなやさしいとか、そんな話をした。

何のために電話をかけてきたのか正直わからなかった。

チャットでも済む話だった。

私は要件のない電話のやりとりが好きではない。

早く切るために、こちらからzoomの日程の話を持ち掛けて、勢いで切った。

いきなり資産形成の話をする胡散臭い男・止まらないゴミみたいな自慢話

遂にzoomで私、人事担当の女性、“他の方”と呼ばれる謎の男と3人で話した。

“人事担当”が言っていた“他の方”は30代半ばの男。

高級そうなスーツを着て画面に登場。

まず初めに「よろしくお願いします~」というテンプレートの挨拶を交わした。

その後に男の自己紹介が続くと思っていた。

なぜなら、男は仕事を持ち掛けてきた側だからだ。

私は仕事をお願いされる側だから、相手が先に自己紹介をするのが当然だと思っていた。

しかし話は、人事担当の女性が私の情報をその男に話すところからスタートした。

頭の中に疑問符が浮かびながらも、私の家族構成ややっている仕事について、聞かれるがままに話した。

さすがにここまで話せば男の情報も聞けるだろうと思いきや、そうではなかった。

あろうことか、いきなり資産形成の話を始めるではないか。

「収入には権利収入と労働収入があって、労働収入は働いた分だけしかお金をもらえないけど、権利収入なら何もしなくても自動的にお金が入ってくるからいいよね!」

こんな内容だった。

頭から金の話をする人間ほど胡散臭いものはない。

話を聞いてみようというボルテージが急降下した。

金の話はまだ続く。

「僕は日本全国でお金に関するセミナーをやっていて、今している話もセミナーでしていることなんだけど、こうやってzoomで話すことはほとんどなくて、あなたはラッキーだよ!」

勧誘の常套句も使ってきた。

「あなたは特別」…そんな風に言われれば、なびく人はなびくだろう。

私は基本的に自分にとってありがたい話は、みんなもされているものだと疑ってかかる。

「高級外車を持っている」

「タクシーに乗りたい放題」

「海外旅行をよくする」

男はそんなゴミみたいな自慢話を延々と続けた。

その自慢話のどれにも惹き付けられなかった。

自分が経験したいことではないからだろう。

「自宅でサイゼリヤのメニューを完コピできる」

そんな話の方がよっぽど憧れる。

私はこいつのちっせぇ自慢話を聞くためにここに来たのか?

いや違う。

イライラしながら男の話をぶった切った。

「で、私に任せたい仕事というのは?それの詳細が聞けると聞いたので今ここに来ているんですけど?」

そう言って本題を話すように強引に持っていった。

こちらから聞き出さないと詳細を話さない謎めいた男

資産形成や自慢話だけで30分くらいは費やした。

適当ながらも相槌を打っていた自分に拍手を送りたい。

金の話ばかりする男に、具体的にどんな仕事をしているのかと問いかけてみた。

その男の仕事は、海外の化粧品を広めることらしい。

やっと男の仕事内容を聞けるかと思ったら大間違いだった。

男は今度は、プラットフォームの話を始めた。

ここで言うプラットフォームとは、amazonや楽天市場などのECサイトのことである。

質問を投げかけても違う答えが返ってくる。

イライラが募っていく。

「いやだから、あなたは具体的にどういう仕事をしているんですか?」

語尾にむかつきマークがつくのが常となった。

「今のこのプラットフォームの話がその話に繋がっていくんですけど~」

ぐちゃぐちゃぐちゃぐちゃうるせぇ!結論から言え!詳しい説明は後からでいい!

ざっくりと言うと、あるプラットフォームに人を招待してあげる仕事らしい。

最初からそう言えばいいものを、何をもったいぶってやがるんだ。

こんな話し方でセミナーをやって、聞く人がいるということに驚いた。

また、「海外の化粧品」と言うだけで具体的な社名が出てこないため、こちらから聞いた。

「あっ、全然教えますよ~」

他人に自分がしているビジネスを広めたいんじゃないのかよ。

そこ、一番重要なところだろ。

心の声がどんどん荒んでいく。

やっと判明したのが「ニュースキン」という会社だった。

ひとつひとつ質問をしないと何も詳細がわからない話。

人はここまで曖昧に、漠然とした話をできるものなのかと、感心さえしてしまった。

ニュースキンとはどんな会社なのか?アメリカの株式上場企業?

ニュースキンというのはアメリカの結構大きな化粧品会社らしい。私は全然知らなかったのだけど。

「僕の親戚が企業の社長をやっているんだけど、アメリカで株式上場するのって本当にすごいことだって言ってた!」

どこまでが本当の話なのか不明である。

僕の親戚が企業の社長をやっているという部分は、なんとなく本当じゃない気がする。

男は、野球場に貼り出された広告や、経済雑誌や美容雑誌などに記事が載ったりしたときの写真をたくさん見せてくれた。

「この会社は全然怪しくない、真っ当な会社なんですよ!」と言わんばかりに。

広告を出したり雑誌に記事を載せたりするときに、どんな過程があるのか何も知らない。

しかし私は、金さえ積めばどうにかなるものなのでは?と思っている。

そういう“証拠写真”を見せられたところで、「で?」というのが正直な感想だった。

マルチ商法界隈では大変有名な企業だということも知った。

今のところ一番有名なのは、アムウェイだろう。

無知な私でも中学生の頃から知っているくらいだ。

男は「アムウェイとは全然違う!」と力を込めて言った。

多くの人が「マルチ商法=アムウェイ=なんかヤバそう」と思っていることを一応理解しているのだろう。

アムウェイとの違いについて、商品在庫を抱える必要がないということを挙げていた。

「マルチ商法=悪徳商法だと思っている人が多いですけど、全くの別物ですからね!」と念を押すように言っていたのが印象的だった。

そんなに強調して言うということは、この男にも、「これはグレーなビジネスだ」という意識があるということではないだろうか。

ちなみに、これは後で調べたことが、ニュースキンの製品自体は結構良いらしい。

使いたいとは思わないが。

だって、私が買えば、あの男に金が入るも同然だから。

私に任せたかった作業とは?巷で話題の「時間と場所を選ばない」副業?

私に任せたい作業というのをやっと聞き出せた。

インスタグラムやブログなどでニュースキンの商品を紹介して、欲しいと言った人に、商品を購入できるサイトへの招待をするというもの。

商品を購入できるサイトは招待制だ。

大昔のmixiと同じで、誰でも会員登録できるわけではない。(アラサー世代の人はわかりますよね?)

だから、招待してくれる人が必要だとのこと。

招待を受けた人が商品を購入すると、商品価格の5~40%が紹介手数料として私に入る。

商品の特性上、使用をやめない限り毎月報酬が支払われる。

また、自分が招待した人が他の人を招待して、その人も商品を購入すれば、私にも紹介手数料が入る。

そんな仕組みなので、何もしなくてもどんどん収入が増えていくという、夢のような話だった。

「毎月5万円とか10万円とか増えたら、絶対生活変わりますよ!タクシーとかすごく乗ると思います!」

そんな言葉でこの話に乗せようとしているのが透けて見えた。

言っておくが、私はかなりの貧乏性だ。

いくら収入が増えても生活水準を上げることはしないだろう。

それに、タクシーを利用することに特別な魅力を感じない。

この男は要所要所でタクシーを推してくる。

しかし私は自転車で徘徊するのが一番好きだ。

価値観の押し付け、決めつけは御免だ。

また、「あなたのようにお子さんがいる主婦の方がすごく多いです!」と親近感を持たせようとしてきた。

時間と場所を選ばない仕事だから主婦が多いのだそう。

「お子さんがいるとお金がかかりますよね?1ヶ月に5万円でも収入が増えたら嬉しくないですか?」

そりゃあ嬉しい。

だが、タクシーに乗りまくったり旅行しまくったりしたら、結局手元に残るお金は同じだ。

誘い方に一貫性がなさすぎる。

あの手この手でこの話を進めようとしているのがわかる。

ちなみに、ニュースキンという会社は、会社主体でもネットワークビジネスの参入者を募集している。

ビジネス自体は怪しくないようだ。

だから、ニュースキンでビジネスをしている人たち全員をヤバい人だとは思わない。

ただ、この男はいけ好かない。

まるで教祖の話でも聞いているかのような“人事担当”

さて、ここまで男の話をしてきたが、今度は私にinstagramで声をかけてきた“人事担当”という女性の話をしようと思う。

彼女は、イライラしながら男に質問攻めしている私を見て、朗らかに笑ってくれるやさしい人だった。

温かく見守ってくれるので、より一層、強気で質問ができた。

でも時折、「うわぁ…」と思うような仕草を見せた。

「引く」というのはこういうことかと、身をもって感じた。

彼女は、その男の話をまるで教祖の話でも聞くかのように聞いているのだ。

想像してみてほしい。

微笑みながらその男の話を噛みしめるように何度も深く頷く姿を。

「うわぁ…」と思わないだろうか。

その姿を見て、心の声がダダ漏れになってしまいそうだった。

だからなるべく彼女の方は見ないようにした。

宗教にハマるのは個人の自由だ。

だがしかし、自分は目の当たりにしたいとは思わない。

ニュースキンは宗教ではないのだが、この人たちからは宗教に近いような何かを感じてしまった。

男の語り口から、私を洗脳しようとしている香りがプンプン漂ってきたからだ。

残念ながら私は洗脳されにくいタイプだ。我が強すぎる。申し訳ない。

アンタは一体、ニュースキンの何なのさ?パートナーシップって何ぞや?

会社としてやっているわけではないのに、人事担当なるものをつけて私をネットワークビジネスに勧誘しようとしている。

この事実がすべてを物語っているが、あえて聞いてみた。「アンタは一体ニュースキンの何なのさ?」と。

「回し者じゃないですよ!」

じゃあ他に何があるんだ。

私に入る報酬はニュースキンから支払われる。

このビジネスを広げたいだけなら、その“人事担当”の彼女だけいればいいのではないだろうか。

なぜこの男が話に加わらなければならないのか。

言わなくてもわかっている。

私がこのビジネスをやれば、男に金が入ることを。

開催したセミナーで、参加費として私から金銭を搾り取る魂胆だということを。(これは勝手な想像だが。)

養分を探すために人事担当なる女性を使ったのだ。

もちろん女性にも報酬が入るのだろう。

「僕はニュースキンのパートナーシップです」

また当たり障りのない答えが返ってきた。

自分が真っ当なビジネスをしているのだと胸を張って言えるのであれば、お前と人事担当の女性とニュースキンの関係を詳しく説明すべきだ。

金の出入りも含めてだ。

話を途中で切り上げて強制終了 マルチ商法の勧誘を断る際は毅然とした態度で

当初1時間半の予定だったzoom。

保育園に子供たちを迎えに行かなくてはならないため、1時間話したところで切り上げた。

「残りの話が一番重要だから、また今度1時間くらい時間をとってください!」

私は丁重にお断りした。

1時間半の内容を1時間分済ませたのなら、残りは30分だ。

なぜプラス1時間なのか。

おかしいと思わないのか。

これ以上の話はしなくてもいいと告げた。

すると「最後まで話を聞いてから判断してください!」と食い下がってきた。

もう1ミリの興味もないので聞く必要がない。

聞いたところで入ってこない。私はそういう人間だ。

学生の頃からそうだった。

興味をまるで持てない科目はどんなに頑張って授業を聞こうとしても、聞こえなかった。

自分には耳と脳みそがないのではないかと思うほどだった。

大人になってもそれは変わらない。

「自分たちも最初は、自分にこの仕事ができるのか不安だったんですけど…」

気持ちに寄り添うような発言。

しかし、これがかえって私の反発心を煽った。

自分ができるかについて一切の不安はない。

ただ興味を持てないし、やりたくないだけだ。

正直に伝えた。

全員ではないかもしれないが、こういう人たちは、少しでも隙を見せようものなら入り込もうとしてくる。

マルチ商法の勧誘を断るときは、何があってもブレない心を持とう。

また、相手に入り込む余地を与えない言葉選びも大切だ。

言葉で自分の身を固めるのだ。

マルチ商法=悪徳商法ではないことはわかる、でも…

「マルチ商法は何でも怪しい、悪徳商法だ」

そう思う人はおそらく多い。

しかしマルチ商法自体は怪しいビジネスではない。

もし怪しければ、アムウェイなど国によってとっくに潰されているだろう。

今でもアムウェイが健在なのを見れば、マルチ商法をやっている人たちが全員怪しく、危ない人だとは思えない。

一所懸命に、ひたむきにやっている人がきっとたくさんいる。

では、何が問題になるのかというと、そういったひたむきさを利用して金を荒稼ぎしようとする輩がいることだ。

あとは、自分の利権のためにしつこく勧誘活動をすること。

実際に逮捕者が出るくらいだ。

世間一般に、マルチ商法=悪徳商法になってしまうのも無理がない。

悪徳な輩が多いのも事実だからだ。

インスタグラムで仕事の話を持ち掛けてくる人は疑ってかかれ

あなたのアカウントのフォロワー数が何千人、何万人というわけではない限り、インスタグラムで仕事の話を持ち掛けてくる人は疑ってかかった方がいい。

今回の私のようにマルチ商法の勧誘のこともあるし、詐欺のこともある。

言われたことを鵜呑みにしない方がいい。

質問を投げかけてみて、曖昧な回答しか得られない場合はスルーするのが賢明だ。

ただ、よほど暇で仕方がないというときは、話を聞いてみるのもいいかもしれない。

私は今回あえて話を聞いたが、無駄にはならなかった。

友達との話の種になったからだ。

それだけでも儲け物だと思う。