4ヶ月児健診で「内転足かも・・・?」と言われた話

我が家の二人目が4ヶ月児健診のとき、小児科の先生に「内転足っぽい気がする・・・」と言われました。

予防接種を受ける度に経過観察してもらっていたのですが、いよいよ「安心するためにも一度整形外科に行ってみた方が・・・」と言われたので、言われた次の日に整形外科に行ってきました。

結果的に、異常なし

ですが、初めて「内転足かも」と言われた日から内転足について色々調べまくったので、ここで調査結果()をシェアしていきたいと思います。

内転足って何ぞや?という方は流し見程度に見ていってください。

かなり簡潔に書いたので読みやすいと思います。(簡潔すぎるかも)

内転足とは?

内転足は、簡単に言うと、つま先がかかとに対して内側に曲がった足のことを言います。

こういうのは言葉で説明するより図で見た方がわかりやすい。

内転足

参照:アイレッグクリニック-中足骨内転

内転足だと、内股歩きになったりよちよち歩きになったりするそうです。

原因は不明。

我が子は結果的には内転足ではなかったのですが、確かに言われてみれば若干足首が内側に入っているような、入っていないような・・・。

赤ちゃんって大体がO脚気味だと思うので、そのせいかとも思うのですが。

私もO脚だし、遺伝もあり得る。(笑)

どこの科にかかればいいのか?

内転足は整形外科領域です。

小児科の先生は骨のことまでは診られませんので、整形外科に行きましょう。

私も小児科の先生の勧めで整形外科に行きました。

診察室に入った瞬間、「うん、全然曲がってないよ!!」と言われました。

X線検査もなし。

やはり専門分野の先生の目は肥えています。

治るのか?

整形外科の先生の話によりますと、もし仮にうちの子が内転足だったとしても、1歳頃には自然に治るものなのだそうです。

器具で固定したり腱を切ったりしないといけないケースはごくごく稀だと。

ほとんどの場合はそんなに心配しなくてもいいみたいですね。

似ているようで違う、内反足とは?

「内転足」と検索すると、内転足の結果を上回って出てくるのが「内反足」の結果。

なので内反足にも一応少し触れておきます。

内反足は、名前は内転足と似ていますが、似て非なるもの。

これも言葉で説明するより図で見た方がわかりやすい。

内反足

参照:QLIFE-先天性内反足

一番左の図のように、かかとが内側に曲がっているのが内反足です。

先天性内反足だと生まれたときから足が変形しているので、診断はすぐにつくそうです。

診断がついたらすぐに矯正治療が始まります。

内反足は、器具での矯正やアキレス腱を切る手術をする場合がほとんど。

母親はちょっとしたことでも心配になるものです

小児科の先生に「内転足かも?」と言われたとき、見た目からしてうちの子は99%は何も問題ないと思いましたが、小児科の先生が引っかかるということは、1%ぐらいはその可能性があるのかも・・・?とも思いました。

ネットで検索すると、内転足は結構簡単に治るとあちこちに書かれていましたが、それでも器具を取り付けることになったらかわいそうだとか、よちよち歩きで転びまくったらどうしようだとか、それなりに色々考えました。

母親はちょっとしたことでもめちゃくちゃ心配になるものです。

小児科の先生も、「あんまり言ったらお母さんが心配になっちゃうかな・・・」と言っていましたが、どうせどんな些細なことでも心配になるのだから、ハッキリと「ちょっと異常があるかもしれません!」と言ってくれた方がかえっていいです。

異常があるかもしれないのに、「何も問題ないです!大丈夫ですよ!」と言われて後で異常が見つかったら、「もっと早く言ってよー!」となりますし、

それなら今たくさん心配して、すぐ病院にかかって「異常があります」と言われた方が、次のことを考えられていいと思うのですよね。

何もなければ何もないで、「なんともなくてよかったね!」で済みますし。

お医者さんの立場からして少しでも気になることがあったら、どんどん言ってもらいたいなーと思いました。