【2021年度版】貧乏性主婦による12月の支出を減らす方法

年の瀬が迫ってきて、貧乏性に拍車がかかっている。

12月は出費がかさみがちだ。

家族へのクリスマスプレゼントやクリスマスの食事など、クリスマスに関する支出が多い。

しかも今年は12月にインフルエンザの予防接種を打った。親子3人で9600円だ。

さらに自分の冬服を13000円分くらい買ってしまったため、もう、火の車だ。

これまで服を買ってこなかった代償だ。

こんなに一気に出費がかさむくらいなら、服は必要な枚数きちんと買っておいた方がいい。

ケチると痛い目を見る。今の私のように。

来年は春から冬まで何も買わなくてもよさそうだ。

そんな出費がかさむ12月、私が支出を減らすためにやっていることを書いていく。

なお、節約防寒対策にはこちらを参照されたい。⇒【2021年度版】貧乏性子持ち主婦の節約防寒対策

貧乏性に拍車がかかった12月の支出削減方法

若干病気まがいだが、割と楽しんで切り詰めた生活をしている。

子供たちに食べさせるお菓子は手作りに

平日は仕事をしているためお菓子作りはできない。

だから土日だけの話となるが、子供たちに食べさせるお菓子は手作りに切り替えた。

使うものは600gで198円(税抜)のホットケーキミックスだ。

ヤオコー ホットケーキミックス
画像出典:ヤオコー公式サイト

ヤオコーというスーパーのプライベートブランド商品だ。

200g入りの袋が3袋入っているのだが、1回で使う量はせいぜい100g程度。

子供の分のパンケーキなら50gあれば余裕だ。

粉に加えるものは牛乳やヨーグルト、サラダ油にして、なるべく卵やバターを使わないようにしている。

食費だけでなく、コレステロール値の上昇を抑えるのにも一役買っている。

ところで、ホットケーキミックスは万能だ。

そのままホットケーキにしても良し、クッキーにしても良し、パウンドケーキにしても良し。

さまざまな洋菓子に化ける。

ココアパウダーや米粉を入れれば風味や食感が変わり、アレンジも無限だ。

クッキーは常温で3日くらい持つため、平日のおやつにも回せる。

おまけに安いから本当に優秀だ。

頬ずりせずにはいられない。

マクドナルドでポテトを買わない代わりに手作りする

長女が1ヶ月に1回くらい、マクドナルドのハンバーガーを食べたがる。

実はハンバーガーより食べたいものはフライドポテトなのだが、今月はマクドナルドでポテトを買うことをやめた。

全サイズ190円のクーポンでもあれば買うが、生憎なかったため自分で揚げることにした。

マクドナルドのポテトのあの感じは出せないが、普通においしいポテトを作れる。

しかも2人分で70円くらいで済むから手作りするしかない。

作り方は至って簡単だ。

材料はじゃがいも2個薄力粉大さじ2揚げ油適量塩適量

  1. 皮を剥いたじゃがいもを細切りにする
  2. 水に10分程度さらす
  3. 水気をよく拭いて、薄力粉をまぶす
  4. 180度の油で揚げる
  5. きつね色がついてきたら取り上げて油を切る
  6. 塩をまぶして完成

全体で15~20分程度でできるだろうか。

油で揚げるのが面倒な人は、トースターでも作れる。

上の3までの工程は同じで、その後にサラダ油大さじ2を全体に絡めて、トースターで15分ほど焼けばOKだ。

私は短時間で済むこと、口当たりが良いことが理由で揚げる方が好きだが、1人分を作るときにはトースターを使っている。

なお、薄力粉を使えば口当たりが滑らかで、片栗粉を使うとザクザクした食感になる。

私はそのときの気分で使い分けている。

まぶすものも塩だったり、コンソメ顆粒をすりこぎで粉砕したものだったりさまざまだ。

子供たちはあっという間に平らげてしまう。

マクドナルドで買うより時間はかかるが、安くておいしいから良い。

水は直径5mm?!極端な節水

節水がどれほど支出を抑えるのかはわからないが、抑えられると思ったところから抑えていくしかない。

水は子供たちが手を洗うときを除いて、ストレート水流で直径5mmほどしか出さなくした。

皿洗いもこれで行う。

手でこすりながら洗えば、少量の水でもきれいに濯げる。

時間も思ったよりかからない。

同じ要領でシャワーの使用量も大幅に減らした。

手を駆使すれば意外と少ない量のシャワーでもきちんとすすげるものだ。

普段いかに水流を頼っていたかがわかる。

電動自転車のバッテリーをなるべく使わないような走行

ここまでくるともはや病気ではないかと思う。

だが、自分でそう思える程度だからまだ大丈夫だ。

本当に病気になったら自覚はできないだろう。

私は電動自転車を使っているのだが、なるべくバッテリー残量を減らさないような走行を心掛けている。

平坦な道ではあまり漕がず、自転車が止まりかけてきたらやっとペダルを踏み込む。

下り坂で止まっている状態から発進するときには、ペダルを漕がずに地面を蹴って加速させる。

そんな風にしてできる限りペダルを漕がないようにしているのだ。

これだけでもかなりバッテリーの減りは遅くなった。

充電にかかる電気代などたかが知れているかもしれないが、水道代同様、抑えられるところから抑えていくしかないのだ。

普段から必要最低限の生活を送っており、大幅に削れるところがないからだ。

年は取りたくないが、早く年が明けてほしい気もする

年が明けてほしいというより、月が変わってほしいという感じだ。

あれこれ工夫をしても12月の莫大な出費は確定しており、家計簿をつけるのが怖いからだ。

1月になればまたゼロからスタートできる。

毎日支出額に怯えることがなくなるのだ。

年は取りたくないが、早く年が明けてほしいとこのときばかりは思ってしまう。

余談だが、これまで使っていた家計簿が11月分で終了した。

最初は何の考えもなく新しいものを購入するつもりだったが、少しでも支出を減らすために、学生時代に途中まで使っていたノートに記録をつけることにした。

意外と使い勝手がよくて気に入った。

これからの家計簿はノートにつけることにする。