ドコモからLINEモバイルに乗り換えて年間6万円以上節約した話

ドコモからLINEモバイルに乗り換えて年間6万円以上節約した話



最近、主要通信会社でも様々なサービスやキャンペーンなどに力を入れていて、
ひと頃よりも安くスマホを利用できるようになってきましたよね。

でも、MVNO(仮想移動体通信事業者=LINEモバイル等)に比べるとまだまだ高い印象です。

今回は、ドコモ(docomo)からLINEモバイルに乗り換えて年間6万8000円節約した話をします。

子供が産まれるとおむつや洋服、抱っこひも、チャイルドシートなどたくさんの出費がありますよね。

そんな中で家計を見直したい携帯代を安くしたいという方はぜひご覧ください♪

まずは参考までに、乗り換え前のドコモユーザー時代のことから書いていきます。

ドコモユーザー時代

LINEモバイルに乗り換える直前までの契約内容や月々の利用料金などを書いていきます。

内容は2018年10月当時のものです。

ドコモでの契約内容

今ではプラン内容が変更されて当時とまったく同じ内容のものがなくなっていますが、
以下のような契約内容でした。

  • 通話…5分通話無料オプション
  • データ通信…ギガライト(~3GB)(?)
  • ファミリー割引

ドコモ時代の月々の利用料金

月々の利用料金…約6800円

電話はガラケーの父にかけるのみ。

有料サイトへの登録もなかったのに高額です。

LINEモバイルのサービス内容

さあ、いよいよ本題です。

LINEモバイルの特徴、料金プラン、私自身の契約内容と月々の利用料金を記載していきます。

LINEモバイルの特徴

  • 月額600円からのプランがある
  • データフリーオプションでLINEや主要SNSが使い放題になる
  • データ通信量は家族や友達とシェアできる
  • iPhone、Androidどちらにも対応
  • 今まで使っていたスマホをそのまま使える
  • アプリのデータや電話番号はそのまま引き継げる
  • ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線から好きな回線を選べる
  • LINEアプリの年齢認証・ID検索に対応
  • 国内通話は専用アプリ使用で10円/30秒
  • 海外でも利用できる

「月額600円からのプラン」というのは通話ができないデータSIMというもののプランですが、
それでも安いですよね。

LINEモバイルを利用するだけで
LINEでのチャットや通話(テレビ電話含む)にかかるデータ通信量はゼロ

更に月額制
「LINE、Twitter、facebookのデータ通信量がゼロになるプラン」
「LINE、Twitter、facebook、instagram、LINE MUSICのデータ通信量がゼロになるプラン」
などがあります。

LINEモバイルの料金プラン

選択するのは以下の2種類だけ。

  • SIMタイプ(SMS付きデータSIM or 音声通話SIM)とその容量(月額600円~ or 月額1100円~)
  • データフリーオプション(月額0円~)

「10分電話かけ放題」
「端末保証」
「フィルタリングオプション(無料)」
などの様々なオプションも付加できます。

管理人の契約内容と月々の利用料金

契約をしたのは2018年11月で今とは少し違うプラン内容でしたが、
大きな変更はなかったので参考までに書いておきます。
(現在も引き続き旧プランで利用しています)

  • 音声通話SIM(~1GB)…月額1200円(税抜)
  • LINEデータフリー…月額0円(税抜)

月額利用料金=1200円+通話料(10円/30秒)=約1500円(税込)

ほとんど電話をかけないので1500円までいくことは少ないです。

参考:管理人のスマホの使い方

参考までに、私のスマホの使い方は主に以下の通りです。

  • LINEでのやりとり
  • YouTube、instagram、twitterの閲覧(すべてWi-Fi環境下)
  • Gmailのチェック

電話はほとんどかけません。

一例として、2020年3月のモバイルデータ使用量はこのような感じです↓

モバイルデータ使用量

なんと1ヶ月で236MBしか使っていないのです!

今もなお月額1200円で1GBまで使える旧プランを契約していますが、
月額1100円で500MBまで使える新プランに変更しても問題なさそうですね…。

スマホの使い方は、ここ何年、ずっと変わっていません。

なのでドコモに毎月6800円も払っていたことを考えるとゾッとします。

払う必要のないお金を払っていたような気分。

お金をドブに捨てた気分。

なぜLINEモバイルを選んだのか

数あるMVNOの中でLINEモバイルを選んだ理由は以下の通りです。

  • LINEでのやりとり(メッセージや無料通話、テレビ電話)に使われるデータ通信量がかからないから
  • 料金が他社に比べてとにかく安いから(契約当時、基本利用料金1200円)
  • データ通信量が1GBのプランがあったから(他社は2GB以上あった)
  • 通話料が10円/30秒で、電話をほとんどかけない私にはちょうどよかったから
  • 長年信頼してきたdocomoの回線が使えるから
  • 5ヶ月間基本利用料金半額キャンペーンをやっていたから(これが一番大きいかも)

先述した私のスマホの使い方にはピッタリだと思ったからです。

とてもシンプルで必要最低限のプランがあるのがLINEモバイルだったのです。

それは今でも変わりません。

キャンペーンが大胆なのもとても魅力ですね。

ドコモからLINEモバイルに乗り換えて節約した金額は

LINEモバイル契約後、初めての1年間でかかった料金はこの通りです。

600円×5ヶ月+1500円(通話料や消費税を含めての平均的な最大料金)×7ヶ月=年間1万3500円

一方、ドコモで1年間かかった料金は、

6800円×12ヶ月=年間8万1600円
LINEモバイルでのキャンペーン期間が終了した後の1年間の料金は、
1500円(通話料や消費税を含めての平均的な最大料金)×12ヶ月=年間1万8000円

なので、ドコモ時代と比べると、初年度では

8万1600円(docomo)-1万3500円(LINEモバイル)=6万8100円
2年目以降は
8万1600円(docomo)-1万8000円(LINEモバイル)=6万3600円

こんなに節約できちゃうんですね…。

改めてゾッとしました。

かなり大きな額ですよね。

子供が産まれたので子供にこのお金を回せます。

LINEモバイルを使ってみての感想

  • とにかく安い、助かっている
  • 通話や通信の品質に問題なし
  • 貯まったLINEポイントを月々の支払に使えるのが地味に嬉しい
  • 電話でのサポートが丁寧
  • これからも使っていく!

安かろう悪かろうなんてことはありません。

通話や通信に不具合や物足りなさを感じたことはありません。

ドコモ回線を使っているからか、満員電車の中でもちゃんと繋がります

VISA LINE Pay クレジットカードやLINE Payなどを利用することで貯まったLINEポイントは
携帯料金の支払いに充てることができます

私は毎月貯まったLINEポイントをすべて携帯料金の支払いに回しています(^-^)

より一層安くなりますね。

カスタマーセンターの対応はとても丁寧で親切でした。
(契約して間もない頃、開通手続きに少し手こずって利用したことがあります)

不満な点はひとつもないので、これからも使い続けていくつもりです。

LINEモバイルはこんな人におすすめ

LINEモバイルはこんな人におすすめだと思います。

  • 電話は主にLINEの無料通話を使う
  • 外出先でtwitterやinstagramなど、データ通信量の多いアプリを使うことが多い
  • 携帯代を少しでも安くしたい

初期費用

  • ウェブ登録事務手数料…3000円
  • SIMカード発行手数料…400円

計3400円がかかりますが、すぐに元が取れますよ。

家計の見直しは携帯代から

今回は、ドコモからLINEモバイルに乗り換えて年間約6万8000円の節約をした話を書きました。

使わなくても持っているだけでかかる携帯料金。

子供が産まれたり仕事を辞めたりしてとにかく少しでも固定費を減らしたいときは、
思い切って携帯会社を変更することをおすすめします!