賞味期限切れ・常温保存・未開封のドライイーストでピザを作ってみた結果!

先日、賞味期限切れ・常温保存・開封済みという最悪なコンディションのドライイーストでピザを作って見事失敗に終わらせた長月です。

この3コンボのドライイーストでは発酵させられませんでした。

ピザ生地は1mmも膨らみませんでした。

ドライイーストが死滅していたのでしょうね。

では、賞味期限切れ・常温保存という同じ条件下で、未開封の場合ではどうなるのでしょうか?

実験的にまたピザを作ってみました。

「賞味期限切れ未開封のドライイーストがあるんだけど、使えるのかな?」という方は参考にしてみてください。

※あくまでも「参考」に!

ちなみに、賞味期限切れ・常温保存・開封済みのドライイーストがピザ生地を発酵させられない理由については以下の記事をご覧ください。ドライイーストの保管方法も併せて書いてあります。

手作りピザ ドライイースト 初心者 節約料理 節約レシピ開封済み・賞味期限切れドライイーストを使ったピザ生地が膨らまない理由

賞味期限切れ・常温保存・未開封のドライイーストでピザを作ってみた結果!

賞味期限切れ・常温保存・未開封という状況のドライイーストでピザを作ってみた結果…

ちゃんと発酵しました。

正直期待していなかったので、ビックリです。

今回のピザ生地の材料の分量

  • 強力粉 120g
  • 薄力粉 30g
  • 塩 4g
  • ドライイースト 3g (賞味期限6ヶ月オーバー・常温保存・未開封)
  • ぬるま湯(35℃) 約100cc(適当!)
  • オリーブオイル 大さじ1/2 

今回は余裕をぶっこいてぬるま湯を100ccくらいと、適当に使いました。

だって前回、レシピ通りに作ったら、パサパサで全然まとまらなかったんですもの…。

ピザ作り初心者のド素人ですが、もうはや数回の経験から来る勘に頼ろうとしたわけです。

手でこねながら、べちゃべちゃにならないように加減しながら、少しずつ加えていきました。

乾燥する時期はぬるま湯 or 水の量を調整するといいみたいですね。

常温×2時間で膨らんだ!!

前回はオーブンの発酵機能を使って、40℃で50分くらい発酵させたのですが、ドライイーストが死んでいたので当然1mmも膨らみませんでした。

今回使ったのは未開封のドライイースト

「まだ生きているかもしれない」とわずかな希望を胸に、常温で発酵させてみました。

今回の発酵場所は、設定温度22℃の冬の台所

正確な室温は不明です。

一応、少しでも暖かいところがいいかと思って、ポットの横に置いておきました。

このとき、乾燥を防ぐために濡れふきんラップを被せておきました。

すると2時間後には、ぽわ~んとまん丸に膨らんでいるではありませんか!!

あちこちのレシピサイトで見た、「生地が2倍くらいに膨らんだら」という状況になりました!

感動以外の何物でもありません。

ドライイースト、生きていたんだね。

常温なのに2時間で膨らむことにも驚きました。

冬の常温ではもっと放置しないとダメかと思っていたので。

ちゃんと発酵できたピザは超おいしい

初めて発酵できたピザを食べたのですが、味レベルが段違いです。

パンをピザにしたかのような、上品なお味

見た目も耳の部分が膨らんでいい感じ。

ドライイースト死滅ピザは、粉がぎゅっと集まったような、生焼けのような味で、子供に「おいしくない」と残されたのですよ。

子供の素直さに乾杯。

イケるかイケないかは運次第

正直未開封のドライイーストでも、賞味期限切れ・常温保存だとピザ作りに成功するかしないかは運次第だと思います。

ただ、開封済みでなければ使ってみてもよいのでは?とも思います。

同じ条件下で開封済みのものはイーストが死んでいましたが、未開封のものは今回、生きていることがわかったので。

今回開封したドライイーストは密閉して冷蔵庫保存したよ!

今回開封したドライイーストは、ドライイーストの保管方法にならって、密閉して冷蔵庫に入れました。

ドライイーストの保管方法についてはこちら↓

手作りピザ ドライイースト 初心者 節約料理 節約レシピ開封済み・賞味期限切れドライイーストを使ったピザ生地が膨らまない理由

これで次回も使えるはず!

試しに1ヶ月くらい放置して、使ってみようと思います。