子供の成長を記録するならコレ!10年日記のすすめ

子供の成長を記録するならコレ!10年日記のすすめ

今回は、一人目の誕生からずっと書き続けている「10年日記」のご紹介をします。

“1~9年前の今日”を振り返れる日記帳です。

こんな方はぜひ当記事をご覧ください♪

  • 出産を控えている
  • 子供の成長を長期的に記録したい
  • 毎日簡単に書けて、続けやすい日記帳が欲しい
  • 自由に何でも書ける日記帳が欲しい

おすすめの「10年日記」はこれだ!

アピカ 10年日記

アピカ(現 日本ノート株式会社)が製造・販売する10年連続日記です。

クラシックなデザインがおしゃれですよね。
木製デスクによく似合います(^o^)

10年日記

こんな感じで、その日について10年分書けるようになっています。

製品の詳細

  • B5(257×181mm)
  • 横書き
  • 1年4行×10年分
  • 日付表示あり
  • 厚口クリーム紙
  • 192ページ
  • 貼ケース付き
  • しおり紐付き
  • 備忘録、住所録、年末・年頭所感を記入するページあり

参考:日本ノート株式会社公式HP

温かみのあるクリーム色の紙のページです。
日付のみ記載されており、年や曜日は自分で記入するようになっています。
非常にシンプルなつくりです。

使用した感想

子供が誕生してから約3年、書き続けてきた感想をまとめてみました。

  • シンプルなつくりなので自由度が高い
  • 1年4行は子供の成長記録を書くのにちょうどいい
  • 自由度が高く、行数もちょうどいいので無理なく続けられる
  • しおり紐が付いているので、分厚い日記帳でもすぐにページを開くことができる
  • 紙がサラサラしているので書きやすい
  • 1年前、2年前の今日を簡単に振り返れる
  • 今日のページを開けば1年前、2年前の子供に会える

つくりが非常にシンプルなので、自由に何でも書けるのがいいです。

予め書かれているのは日付のみで、年と曜日は自分で書き加えます。
なので、いつ購入しても、いつ始めても困りません

こちらの日記帳は1年あたり4行用意されているのですが、
子供のことを書くにはちょうどいい行数です。

家事や育児、仕事に追われていると、なかなか日記を書く時間もとれないですよね。

でも、4行ぐらいなら意気込む必要もないですし、
一言だけ書いても完結するつくりなので、毎日簡単に続けられます

だから三日坊主で有名な私でも3年続けられているのです!
(実母にもビックリされています)

10年分の日記帳なので分厚いですが、しおり紐を挟んでおけばすぐにページを開けます。

紙の質は厚めでサラサラしているので書きやすいです。
油性ボールペンで綴っていく感覚がちょっとクセになります。(私だけ?)
クリーム色の紙は温かみがあり、目への刺激も少ないです。(白色や光に目が弱いんです…)

何と言っても、今日のページを開いたらすぐ、
1年前、2年前…の子供に会えるのが最大の良いポイントだと思います。

そのときに子供がどうだったか、自分はどう思ったかを思い出すことができます。

たった1行しか書かれていない日は、忙しかったんだなぁとか、必死だったんだなぁ、疲れていたんだなぁとか、
そんなことも振り返れるのが魅力です。


子供の成長と共に、親としての自分の成長も見られる貴重な日記
です。

「10年日記」をつけてみようと思った理由

子供が産まれるまで、日記なんてつけたことはありませんでした。

つけよう!と思って立派な日記帳を買っても三日坊主。

ノートに書いてみよう!と思ってやってみても三日坊主。

すべてにおいて三日坊主。
日記以外でも続いたものがありません。
逆にある種の才能なのでは?

毎日コツコツと何かを続けるのが苦手な私がなぜ、10年分もの日記をつけようと思ったのかというと、
我が子に子供時代の姿を残したかったからでした。

実母に自分の赤ちゃん時代や幼少期の頃を聞いても、
「忘れちゃった」と言われることがほとんどでした。

もう大昔の話だし、育児ってそういうものなんだろうと思っていたけど、
少しさみしい気がしました。

自分がどうやって過ごしていたのかもわからないし、
自分が母親になったときのヒントがあまりなかったから。

 

あまりにも何も覚えていない母親に、「なんで何も覚えてないの?!」と文句を言ったことがあります(笑)
育児の参考になるものが全然ないんですもの!!!

そんなことから私は子供に「あの時ってどうだった?」と聞かれたら、
具体的に「こうだったよ」と答えてあげたい
と思ったのです。

もっともっと大きくなって、多感で難しい年頃になったときや何かの壁にぶち当たったときに、
自分を見つめ直すきっかけになったり、慰めになったりしたらいいなぁとも思いながら毎日書いています。

10歳か小学校卒業のときにプレゼントしようと思っています。

私が日記に書いていること

私が日記に書いていることは大体以下の内容です。

  • 就寝・起床時間
  • 食事内容
  • 昼寝の時間
  • どんなことをしたか
  • 会話内容(家族、友人、近所の人、道端で会った人など)

その他、身長や体重を測った日はそれらも記録しています。

 

何時に寝た、起きた。
何をどのくらい食べた。
何時から何時まで昼寝をした。
どんなうんちをした。
何をして遊んだ。
どんな会話をした。
周りの人にどんなことを言われた。

 

実際は1ヶ月前よりできることがたくさん増えていても、
毎日少しずつ増えていっているから変化に気付きにくいんですよね。

だからなるべく、詳細に書くようにしています。

そうすることで、たくさんの変化に具体的に気付くことができるのです。

赤ちゃんのうちは、何時に寝た、授乳を何回した、夜は何回起きた、という程度で、
3歳が近づいてくると、会話内容や遊びの様子などで4行はビッシリ埋まります。

そういう行の余白を見るだけでも成長を感じられます。

毎日一言だけでも、続けてみませんか?

「10年日記」、つけていてよかったと思うことばかりです。

二人目や三人目を考えている方は次の育児の参考になりますし、
少し肩の力を抜いてもいいんだよと教えてくれますし(笑)、
子供が大人になって親になったときにこの日記が参考になるかもしれません。

子供の成長記録用の日記帳もあると思いますが、
こちらの日記帳はカテゴライズされておらず、何でも書ける自由度の高いものなので、
私のように三日坊主の方でも続けやすいと思います。

出産を控えている方で、子供の成長を長期的に記録したい方はぜひ使ってみてください♪

私も二人目の出産前にもう一冊用意します。