後悔先に立たず!妊活中の葉酸サプリの必要性

葉酸と赤ちゃん

長月です。

よく「妊娠前から葉酸サプリを摂りましょう」という文言を目にしますが、なぜ妊娠前から葉酸サプリが必要なのか、知っていますか?

妊活中に葉酸サプリを飲まないとどうなるのでしょうか?

私自身は、一度も葉酸サプリを飲まずに元気な赤ちゃんを産みました。

しかし、妊娠前から飲んでおけばよかったととても後悔しました。

この記事では、妊活中の葉酸サプリの必要性を、組織発生学100点満点の私がわかりやすくご説明します。

(※組織発生学は、人体の発生過程を理解する学問です。)

赤ちゃんと葉酸の関係を知って、悔いなく赤ちゃんを迎える準備をしましょう。

この記事の内容
  • 妊娠前から葉酸サプリが必要な理由
  • 妊活中の葉酸不足が招くこと
  • 私が葉酸サプリを飲まずに後悔した理由
参考文献

日本人の食事摂取基準(2020年版)-葉酸(PDF

ラーセン人体発生学 第4版-第4章

妊娠前から葉酸サプリが必要な理由

散らばる錠剤

「妊娠前から葉酸サプリを摂りましょう」と言われる理由は2つ。

  1. 葉酸が最も必要な時期は、妊娠に気づかない頃だから
  2. 食品中の葉酸は、体内で利用されにくいから

1.葉酸が最も必要な時期は、妊娠に気づかない頃だから

葉酸が最も必要な時期は、特に妊娠3週から4週頃

つわりがなく、検査薬も使えず、妊娠に気づかない時期です。

この頃の赤ちゃんは活発に細胞分裂して、後に脳や脊髄となる神経管を形成します。

神経管形成
かなりアバウトな神経管の形成過程

このときに、重要な役割を担うのが葉酸です。

葉酸は、DNAやタンパク質の合成などに関わり、細胞分裂を促します。

もちろん、葉酸は妊娠中の全期間で必要です。

しかし、妊娠3週から4週頃は特に活発に細胞分裂するので、より必要となります。

妊娠に気づくのは、大体生理予定日を1週間過ぎた頃。

その時点で妊娠5週を過ぎているので、妊娠に気づいてから葉酸サプリを飲んでも遅いのです。

食品中の葉酸は体内で利用されにくいから

そもそも葉酸には、

  1. 食品中に含まれる天然葉酸(ポリグルタミン酸型葉酸)
  2. サプリメントなどに含まれる合成葉酸(モノグルタミン酸型葉酸)

の2種類があります。

このうち、天然葉酸の体内利用効率は約50%。(※諸説あります。)

摂取した葉酸の半分が、利用されずに排泄されてしまうということです。

一方、合成葉酸の体内利用効率は、天然葉酸の約2倍と言われています。

摂取した葉酸のほとんどが利用されるということですね。

だから、葉酸が最も必要な妊娠3週から4週頃、もっと言えば妊活中は、体内利用効率の高い合成葉酸を、サプリメントで摂る必要があるのです。

妊活中の葉酸不足が招くこと

妊活中に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害を起こすリスクが上がります。

先にも説明したように、葉酸は神経管の形成を促す重要な栄養素。

神経管形成時期に葉酸が不足すると、神経管がうまくつくられず、結果として無脳症や二分脊椎など、脳や脊髄に重大な障害を起こす可能性があるのです。

神経管閉鎖障害を予防するには、妊娠1ヶ月以上前から妊娠3ヶ月まで、1日400μgの葉酸を摂取することが推奨されています。

実際に、妊娠前から葉酸サプリを摂取すれば、神経管閉鎖障害の発生リスクを約75%も低減できるという報告があります。

もちろん、神経管閉鎖障害の原因は葉酸不足だけではありませんが、妊娠を考えたら積極的に摂りたいものです。

私が葉酸サプリを飲まずに後悔した理由

私が葉酸サプリを飲まずに後悔した理由は、「心労が絶えなかったから」です。

正直な話をすると、私は一人目妊娠時、葉酸の知識や関心がまったくありませんでした。

たぶん、元々野菜が大好きで、普段からたくさん食べていたから。

しかも、つわりが軽く、いつも通り食べられていたから。

とにかく何でも食べていれば、栄養不足なんて気にする必要はない。

そんな理由で、葉酸不足のことなんてちっとも考えませんでした。

その後、知識も関心もアップデートされないまま二人目を妊娠。

ところが、私の状況は一人目のときと180度違いました。

点滴を打つほどひどいつわり…ではなく妊娠悪阻で、約3ヶ月間、ほとんどろくな食事を摂れなかったのです。

(関連記事:【体験談】妊婦本人も唖然…つわりは1人目と2人目で全然違う

そんな状況だったので自ずと栄養不足が気になり、栄養と赤ちゃんの関係を学ぶため、たくさんの本を読み漁りました。

そこで、葉酸不足が神経管閉鎖障害の原因になることを知ったのです。

しかし、時はすでに妊娠中期。

「今から葉酸サプリを飲んでも神経管閉鎖障害を防げない」という事実に、とても不安を覚えました。

神経管閉鎖障害によって起こる無脳症や二分脊椎などは、妊婦健診の超音波検査でわかります。

それでも、出産まで頭にこびりつく“葉酸不足”の文字。

私はとても後悔しました。

「こんなに不安な思いをするなら、妊娠前から葉酸サプリを飲んでおけばよかった」と。

また、それに関連して、無知や無関心の怖さ、妊娠は妊娠前から始まっていることを痛感しました

私たちは妊娠前から知識と関心を持たなければ、赤ちゃんを守る行動をとれないのです。

まとめ

今回は、

  • 妊娠前から葉酸サプリが必要な理由
  • 妊活中の葉酸不足が招くこと
  • 私が葉酸サプリを飲まずに後悔した理由

をお伝えしました。

葉酸は妊娠中の全期間で必要な栄養素。

特に必要な時期は、細胞分裂が活発な妊娠3週から4週頃です。

もしこの時期に葉酸が不足すると、赤ちゃんが神経管閉鎖障害を起こすリスクがあります。

これの予防策は、妊娠前から葉酸サプリを摂ることです。

なぜサプリメントなのかというと、サプリメントに含まれる葉酸は、食品中の葉酸よりも体内で利用されやすいからです。

妊娠に気づくのは大体妊娠5週頃。

それから葉酸サプリを飲み始めても遅いので、妊娠を考えたら積極的に摂りましょう。

“後悔先に立たず”ですよ。