二人目は生後11か月でシャンプーデビューしました

長月です。

下の子がついに1歳の誕生日を迎えました。

上の子のとき以上に、あっという間に1歳になってしまいました。

乳児期の卒業…成長は嬉しいですが、寂しくもありますね。

子供にとっては、おっぱいがなくても生きていけるという、プチ親離れですからね。

さて、そんな下の子ですが、1歳を迎える前にシャンプーデビューしちゃいました。

上の子は2歳11か月まで赤ちゃん用の全身洗えるボディソープを使っていたので、比べると2年も早いことになります。

子供のシャンプーデビュー!記念すべき初めてのシャンプーは・・・

赤ちゃんなのに肌が強めの二人目

下の子は野菜でも何でも食べるからか、赤ちゃんにしては肌が強い感じがします。

離乳食が始まる前は人並みに(?)冬場は乾燥して、ほっぺや膝が赤くなっていましたが、離乳食が始まってからは乾燥知らず。

赤くもならないし、カサつきも感じません。

野菜嫌いのお姉ちゃん(現4歳児)の方が乾燥肌です。

お姉ちゃんは離乳食が始まる前の赤ちゃんの頃から肌の乾燥がひどかったので、元々乾燥肌なのかもしれません。

そこに野菜嫌いが加わって、大きくなってもなかなか乾燥肌が改善されないのかもしれませんね。

そういうわけでお姉ちゃんは3歳近くまで、赤ちゃん用の低刺激で高保湿のボディソープで頭を洗っていたのです。

下の子は先にも書いた通り、肌に目立ったトラブルがないので、思い切ってお姉ちゃんが使っているリンスインシャンプーを使うことにしました。

マーアンドミーラッテ リンスインシャンプー
娘たちが使っている、マーアンドミーラッテのリンスインシャンプー
【乾燥肌4歳児・脂性肌29歳母さん】マーアンドミーラッテ リンスインシャンプーのレビュー

リンスインシャンプーを使っても無問題

11か月でお姉ちゃんと同じリンスインシャンプーを使った結果、肌が乾燥したり荒れるといったトラブルはまったくありませんでした。

むしろ、汗臭さがとれて、さっぱり洗い上げられていい感じです。

乾燥肌や敏感肌などでよく痒がるお子さんは、もう少し大きくなるまで待った方がいいと思いますが、肌にこれといったトラブルがない場合は、1歳くらいからリンスインシャンプーを使い始めてみてもいいのかもしれませんね。

マーアンドミーラッテのように親子で使えるものなら、お風呂場をスッキリさせることもできますし。

(脂性肌の私にはこのシャンプーは合わなかったので、お風呂場スッキリ化は叶いませんでしたが…)

子供たちのシャンプーデビューまとめ

我が家の二人の娘たちのシャンプーデビューは、

  • 上の子…2歳11か月
  • 下の子…0歳11か月

という結果になりました。

ひとつのお腹から産まれた子供たちでも、個体によって2年も開きがあるのです。

これぞ“個人差”ですね。

「周りの人がやっているから」とか「有名な人がこれがいいと言っているから」ということより、それぞれの肌質に合ったケアをするのが一番大事なのだなぁと改めて思いました。