これさえあればどこでも行ける!乳児とのお出かけグッズ

これさえあればどこでも行ける!乳児とのお出かけグッズ

生後3か月頃になると首がすわる赤ちゃんが増えて、少しずつお出かけがしやすくなりますよね。

今日は初めてお母さんになった方のために、乳児のお出かけグッズをご紹介します。

必須アイテムや+αであると便利なアイテムなど、実体験をもとにまとめてみました。

乳児とのお出かけグッズ【基本編】

必ず持ち歩くべきものは以下の通りです。

授乳ケープ/哺乳瓶、お湯、粉ミルク、ガーゼ

完全母乳の人は授乳ケープさえあればOKです。

授乳室ではもちろん、飲食店でも食事をしながら乳を飲ませることができます。

肌寒いときにはブランケット代わりにもなりますし、万能です。

ミルクの準備に関しては、私は未経験なのでミルク育児のお母さんの方がよくご存知だと思うので割愛します。

ガーゼは授乳中の赤ちゃんには必須です!忘れるとお母さんの服がゲボだらけになります。

おむつ、おしりふき、新聞紙、ビニール袋

なくては困る替えのおむつ。

おむつポーチというものも売られていますが、子供が生まれてもうすぐ3年、今も尚、服屋さんの袋を使っています。

汚れたおむつを入れなきゃいけないかもしれない…と考えると、おむつポーチをわざわざ買う気にはなれませんでした。

服屋さんの袋は丈夫でおしゃれなので重宝しています。

うんちをしたときのおむつ交換は、お尻の下に4分の1に切った新聞紙を敷いてやると周りを汚す心配がありません。

汚れたおむつをそのまま包むこともできます。

外出先ではおむつを捨てるところがなく、持ち歩かなければいけないこともあります。

そんなときのためにビニール袋も用意しましょう。

ビニール袋は臭いが外に漏れにくいものも売られています。

上下の着替え、スタイの替え

飲んだものを吐いたり、よだれがじゃぶじゃぶ出たり、おしっこやうんちがおむつからはみ出たりすることがあるので、ひとつずつでも用意しておくのが無難です。

特に生後3ヶ月を過ぎた赤ちゃんはよだれが大量に出てきてスタイがあっという間にびしゃびしゃになります。

そのまま過ごすと服にもしみていくので、冬場などの寒いときには風邪をひかせないためにも何枚か用意しておくといいと思います。

ノンアルコールのウェットティッシュ

赤ちゃんの肌はデリケートなのでノンアルコールのものを使う方がよいでしょう。

色々なものに興味を持ち出すと、触ってほしくないところをべたべたと触るようになります。

その手を口に持っていくこともよくあるので、ウェットティッシュは必須です。

抱っこひも、ベビーカー

私の子供は生後7ヶ月までは抱っこひもしか使いませんでした。

ベビーカーデビューをしたのは生後7ヶ月を過ぎてから。(いわゆるB型ベビーカーというやつです)

生後7ヶ月以降はベビーカーと抱っこひもを両方持ち出していました。

いつどこでぐずり出すかわからないので、ベビーカーがあっても抱っこひもは2歳頃までは必要だと思います。

ストロー付きの水筒

スパウトマグの必要性について書いた記事に載せたようなストロー付きの水筒は、ストロー飲みができるようになった赤ちゃんの必須アイテムだと思います。

まだまだ水分摂取が母乳やミルクメインでも、いつどこで水やお茶を欲しがるかわかりません。

私はうっかり忘れてまだ赤ちゃんの子供にものすごく怒られたことがあります。

夏場など、中身を入れていくのが衛生的に気が引けるというときは、空の水筒だけ持って行くのでもいいと思います。

水やノンカフェインのお茶は自動販売機やコンビニでも売っていますからね。

乳児とのお出かけグッズ【あると便利編】

乳児と暮らしながら、外出時にあると便利だと思ったものを載せていきます。

チェアベルト

腰がすわる6ヶ月を過ぎた赤ちゃんとのお出かけには、チェアベルトがあるととても便利です。

自分の膝や、キッズチェアのない飲食店などで普通のイスに座らせることが可能になります。

私も子供が2歳近くになるまでよく使いました。

ひとつ持っておいて損はないと思います。

使い捨てエプロン

離乳食が始まった赤ちゃんとのお出かけには使い捨てエプロンがあると便利です。

最初はケチって普段家で使っているエプロンを使っていましたが、洗う手間や夏場の衛生面(持ち帰るときに異臭がした)が気になってからは、外出先では使い捨てエプロンしか使っていません。

子供はもうすぐ3歳ですが、おそらく4歳ぐらいまではお世話になるのではないかと思います。

うっかり水をこぼしても、ミートソースのスパゲティを食べても、服が濡れたり汚れたりするリスクが減るのはありがたいです。

子供用のスプーン

離乳食期は特に、家で使っている子供用のスプーンを携帯することをおすすめします。

飲食店によっては子供用のスプーンがなかったり、あっても離乳食を食べる赤ちゃんの口には大きすぎるものしかなかったりします。

また、子供自身がいつもと違う食具を使うことを嫌がる可能性もあるので、使い慣れたスプーンを持って行くとよいでしょう。

赤ちゃん用のお菓子

これは賛否両論分かれるかもしれませんが、赤ちゃん用のお菓子はいざという時、子供も大人も救われます!

たとえば飲食店で子供が食べられるものがなかったり、大人同士の会話中、ぐずり出したりすることがあります。

単純にお腹が減っているときもあれば、暇だよ~というときもあります。(真相は子のみぞ知る)

あまりいいことではないのかもしれませんが、そんなときにお菓子を見せると目を輝かせて食いついてくれます。

赤ちゃんを連れての外出は重労働なのでそんなに頻繁にできないですよね。

ましてや自分の友人たちと集うことも、めったにないことだと思います。

普段全身全霊で子供のお世話をしているのだから、1日ぐらい、昼や夜の一時くらい、許してもらえますよね。

自分で産んでおいてなんですけど(^-^;)

乳児とのお出かけは大変だけど楽しい

準備も連れ出すのも連れて歩くのも大変だけど、赤ちゃんとのお出かけはやはり楽しいです。

日に日に成長して、どんどん世界が広がって、目に映るもの、聞こえてくるものも増えてきて。

周りの大人たちを巻き込んでいくのも、親としてはとても嬉しくなります。

今回は外出先で少しでも快適に過ごせるように、乳児とのお出かけグッズをご紹介しました。

初めての赤ちゃんとのお出かけにドキドキワクワクしているお母さんの参考になれば嬉しいです。