婦人科に行かずにピルを手に入れる方法

婦人科に行かずにピルを手に入れる方法

仕事や育児に追われていたり近くに婦人科がなかったりすると

ピルが欲しくても欲しいときになかなか手に入れられないですよね(>_<)

私もそうで、インターネットですぐに購入ができて届けてくれるサービスを必死に探していました。

そこで見つけたのが「スマルナ」というアプリです!

今回は、婦人科に行かずにピルを受け取る方法として「スマルナ」をご紹介します(^-^)

スマルナ体験記も書いたのでぜひご参考になさってください♪

中用量ピルを使った妊活についての記事もあります♪
単身赴任中の妊活に中用量ピルを使った話



スマルナとは

スマルナは、ピルや生理、避妊に関してオンラインで診察を受けられるアプリです。

スマルナの提携医療機関の医師がテキストや動画チャットを用いながら診察・ピルの処方をしてくれます。(※利用は18歳以上)

ピルは最短で翌日には自宅のポストに届けてくれます
(離島、沖縄、北海道、青森、秋田は届くまでにもう少し時間がかかります)

自宅の他に、職場やヤマト運輸の配送センターなど指定した場所で受け取れます。

無地の段ボールに梱包され、荷主は医師の個人名で商品名は「雑貨」と記載されているので

誰かにバレる心配がありません。

こんな人におすすめ

  • 仕事や育児に追われてなかなか婦人科に行けない人
  • 気持ち的に婦人科に行きづらい人
  • 近くに婦人科がない人

スマルナでできること

主にピルに関連する診察を受けることができます。

価格は診察代・薬代・配送代込みです。

どのタイプのピルも、厚生労働省から認可を受けた国内で正規に流通している安全な医薬品です。

避妊、月経困難症(生理痛)・PMS(月経前症候群)…低用量ピル1ヶ月分3980円~/定期便3800~

低用量ピルを服用することで排卵を抑制します。

毎日正しく服用した場合の避妊効果はなんと99.7%

絶対に妊娠を避けたいなら飲んだ方がいいですね。

また、ホルモンバランスを整えるので生理痛が緩和されます。

低用量ピルは定期便もあります。

これなら薬が切れる心配がありませんね。

しかも1ヶ月分購入するより180円お得です!

生理日移動・調整…中用量ピル1シート7000円~

旅行や試験などの生理になってほしくない予定があるときに

生理日を早めたり遅らせたりする目的で服用します。

低用量ピルに比べ中用量ピルはホルモンの含有量が多く、吐き気などの副作用が出てきやすいので

吐き気止めも併せて処方してくれます。

生理を早める場合

生理を被らせたくない大事な予定がある日が来る前に生理を起こし、終わらせてしまうという場合です。

次回の生理予定日(大事な予定がある日)までに27日以上の期間があることが前提です。

生理開始から5日以内に服用を始め、生理を起こしたい日の2~3日前に服用を中止します。

すると生理のような出血が起こります。

これで大事な予定と生理が被りません(^-^)

遅らせる場合

生理を被らせたくない期間中ずっとピルを服用し続けて、大事な予定が済んでから生理を起こす場合です。

生理予定日(大事な予定がある日)まで7日以上の期間があることが前提です。

次回の生理予定日の5日前から服用を始め、生理を起こしたくない期間中ずっと服用します。

服用を中止すると、2~3日後に生理のような出血が起こります。

元々生理不順で生理予定日に大きなズレがあると失敗することはあります(^-^;)

緊急避妊…アフターピル9980円~

避妊失敗後72時間以内に服用すれば約84%の確率で妊娠を避けることができるそうです。

一応120時間以内であれば薬の効果を得ることができるそうなので、

120時間以内までならスマルナで対応してくれます。

最短で翌日には届けてくれます。

アプリ内で薬剤師や看護師に無料相談

ピルの飲み方、ピルの飲み忘れ、ピルの副作用、他の薬との飲み合わせのことなど、

薬のことについて薬剤師に相談することができます。

また、生理やデリケートな悩みは看護師に相談可能です。

やり取りはテキストで行えるので、気軽に相談できますね。

診療の流れ

スマルナでの診療の流れを簡単にご説明します。

  1. スマルナのアプリをダウンロードする
  2. 会員登録・本人確認書類(運転免許証や氏名・生年月日・住所が記載されているもの)の画像の提出
  3. 問診
  4. 医師の選択⇒診察
  5. ピルの届け先の登録・支払い(クレジットカードまたはNP後払い)
  6. ピルが届くのを待つ



スマルナ体験記

では、私のスマルナ体験記を書いていきます。

参考になれば幸いです(^-^)

利用してみようと思った理由

当時、単身赴任中の夫とは2ヶ月に1回しか会えていませんでした。

しかも1回約5日間程度。

二人目が欲しくても排卵日が自然にその5日の間に来ることはありませんでした。

時ばかりが過ぎ少し焦りを感じ始めた頃、ピルを使って排卵日の調整ができないかと考えました。

排卵日の調整=生理日の調整、ですね。

しかし週5日フルタイムで勤務していたり、子供がまだ1歳半と小さかったりしたので、

ピルをもらうためになかなか婦人科へ行けませんでした。

なんとか時間をかけずにピルを手に入れられないかと薬の通販を行っているサイトを見てみましたが、

並行輸入品で日本では認可されていない薬ばかりで安全性がよくわからなかったことや、

海外からなので当たり前ですが届くまでに時間がかかることから購入には至りませんでした。

夫と会う予定の日とピルを飲み始めなくてはならない日、ピルが届く日とがかみ合わなかったんですね。

そこである日、ネットサーフィン中、

テキストや動画チャットを使って医師の診察と薬の処方が受けられ、

最短で翌日にはピルを自宅ポストに届けてくれるというスマルナの存在を知ったのです。

これは私にピッタリだと思い、利用してみたのでした。

受診から薬の受け取りまで

オンライン診療は初めてなので、ドキドキしながら問診を進めていきました。

選択したり入力したり、とても簡単でした。

医師は同じ県でクリニックを開いている医師を選び、テキストで診察を受けました。

まるで医師とLINEをしているかのようでした。

生理予定日がいつで、いつ生理を起こしたいかなどを伝え、

医師から中用量ピルの処方と飲み方について説明を受けました。

診察を終え、クレジットカードで決済し、

本当に翌日、自宅のポストにピルが投函されていました!

ピルはあすか製薬のプラノバールという中用量ピルです。

利用してみた感想

当時はこの記事を書いている現在よりも「オンライン診療」という言葉が普及していなかったので少し不安感もありましたが、

時間がなくても気軽に診察を受けられて、欲しいもの(ピル)がすぐに手に入ったので大満足です。

中用量ピルは服用日数が少なくても1シートからの処方になるのですが、

余ったものは次回以降の生理日調整にも使えるので重宝しました。(1シートを3回ぐらいで消費しました)

必ず付いてくる吐き気止めは私には必要がなかったので無駄になってしまいましたが、

それでも時間や手間のことを考えれば、とてもコスパがよく良いサービスだと思います。

ピルのお陰で二人目を妊娠することができたので、感謝しかないですね(T▽T)

中用量ピルを使った妊活についての記事もぜひご覧ください!
単身赴任中の妊活に中用量ピルを使った話

まとめ

特に仕事をしながら育児をするお母さんは、

ピルが欲しくなっても欲しいと思ったときにすぐに婦人科に行けないですよね(T_T)

そんなお母さんは、スマルナのようなオンラインで診察を受けられて薬も処方してもらえるサービスを活用してみましょう!

毎月健やかに、穏やかに過ごせますように☆