この医学書、知っている人いませんか?

長月です。

今日は台風がやって来て、外は朝から、雨と風で騒がしいです。

大きな被害がなく過ぎ去ればいいですね…。

さて、今日はある一冊の医学書について記事を書きたいと思います。

赤ちゃん・子供用の医学書なのですが、これ、ご存知の方いらっしゃいませんか?

おかあさんあなたも主治医です」という1988年に刊行された本。(詳細は本タイトルをクリック)

母の本棚にあって、小学生の頃、よく読んでいた本です。

私はちょっと変わった子供で、病気に興味津々で、大人向けの医学書を愛読書にするぐらいでした。

この本は親しみやすくわかりやすいイラスト付きなので、読みやすかったんですよね。

私が大きくなって医療系に進みたいと思ったのには、間違いなくこの本が関係しています。

最近、この本のことを急に思い出し、また読みたくなって、Amazonで中古本を買ってしまいました。

母からもらおうと思ったら、私が高校生ぐらいのときに捨ててしまったというので。

久しぶりに開いてみたら、30年前の表現方法にちょっとクスッときて、再びハマりそうです。

たとえば、当時はウイルスをビールスと書いてもなんらおかしくなかったようで。

確かにスペルはvirusで、発音はビールスの方が本物に近いけど。

これだけ「ウイルス」という言葉を聞くようになると、「ビールス?何だそれ?」となりますよね。

ビールスの前に「ロタ」がついていたから、あぁ、ウイルスのことね、となりましたが。

小学生時代は、色んな病気の知識が増えるということで楽しんで読んでいましたが、今は、現代医学と30年前の医学の違いを探すのが楽しいですね。

あとは、30年前から変わっていないことを見つけるのも趣があります。

妊娠中の風疹罹患は胎児に重大な影響を及ぼすことがある、というのは30年前の本にもしっかり書かれているのに、最近になってようやく、風疹の危険性について耳にする機会が増えてきたかなぁという感じですよね。

こんなに大事なことなのに、どうしてこんなに広めるのに時間がかかるんだ?と軽く引きました。

ちなみにこの本のイラストを描いた方は、「どっきんロリポップ」という少年漫画でブレイクした井沢まさみさんという方。

この本は井沢まさみさんの作品のひとつだということで、ファンの方が買うこともあったのだそうです。

正直私はどっきんロリポップのことも井沢まさみさんのことも存じ上げませんでしたが、イラストは本当に可愛らしく、繊細なタッチで大好きです。

参考にするなら新しい医学書の方がいいと思いますが、漫画が好きだったり、可愛いイラストを見て癒されたいとか、子供の病気のことをラフに知りたいといったりする方は、中古で数百円で買えるので見てみてください。

なお、私は1992年生まれなので、年が近い方はご自身の幼少期の医学の常識を知れて、なかなか面白いと思いますよ。

自分のお母さんは自分が病気になったとき、こうしてくれたのかな、ああしてくれたのかなと想像することもできて、懐かしく、温かい気持ちにもなるはずです。