【手づかみ食べ子供】食事時、これでティッシュを節約できました

昼ご飯を食べるとどうも眠くなる長月です。

今日は、食事をするときにティッシュを節約する方法をご紹介します。

手づかみ食べ真っ盛りの子供がいるとティッシュやウェットティッシュを大量に使いがちですが、今日ご紹介する方法でなんと、ティッシュ平均8枚→0ウェットティッシュ平均2枚→0枚まで減らすことができました!

ティッシュの消費量が減ると嬉しいのは財布だけではありません。

ゴミ集めも超楽になるので、「ティッシュの消費量をどうにかしたい!」と思っている方はぜひ試してみてください。

…と書いたのですがそんなに大した方法ではありません。

「そんなんあったりめぇだろ?!」という内容なので期待しないでください。

ちょっとかっこつけて書いただけなので。

手づかみ食べ真っ盛りの子供がいても平気!ティッシュを節約する方法

はい、目次タイトル大袈裟に書きました。

我が家で試みたティッシュを節約する方法はズバリ「手拭きタオルを使うこと」です。

当たり前過ぎてずっこけた人が何人いるかな。

でも実際、ティッシュから手拭きにシフトした人ってそんなにいないのではないでしょうか。

ティッシュの消費量は気になりつつも行動には移さない。

というか、1枚のティッシュでどれだけ拭けるか?!というようなことをやっていそうな気がします。

根拠は私です。

食事をするときに手拭きタオルをテーブルに1つ置けば、ティッシュの消費量は劇的に減ります。

手拭きタオルを使うメリットは、

  • 家族みんなで使える
  • 洗って繰り返し使える

と、超エコなのです。

我が家では手拭きタオルを使うようなっただけで、

  • ティッシュ・・・1食事平均8枚→0枚
  • ウェットティッシュ・・・1食事平均2枚→0枚

にまで減らすことができました。

ティッシュもウェットティッシュも高いものではないけど、たかが数百円でもされど数百円です。

1ヶ月数百円を1年間貯め続けたら3000円くらいになるので、削れるものなら削ります。

手拭きタオルを買う?いやいや、手縫いでしょ!

たまたま我が家には頂き物の手拭きタオルがたくさんあったのでそれを使っていますが、なかったら使わなくなったタオルやハンカチを貼り合わせて手縫いしていたと思います。

洗面所の台拭きも手縫いで用意するくらいだし。

わざわざ買いませんよ~。

何でもあるものを利用する。

それが節約のカギなのです。と、偉そうに。

「基本的な裁縫すらできないわよ!!!というか面倒!!!」という過去の私のような方は、今回だけ買ってください。

今治タオルのようなちょっとよさげなのを買えば少なくとも10年は持つので。

ちょうど我が家で使っているのは以下のようなものです。

まだまだ不器用な子供でもこれくらいのサイズがあれば自分で上手に拭けます。

ティッシュは鼻をかむときだけ

手拭きタオルを使うようにしてから、ティッシュを使うのは鼻をかむときだけと決めました。

すると風邪でもひかない限りほとんどティッシュを使わなくなりましたね。

ティッシュは鼻かみのために存在するんだなぁと気づかされました。

これからもあるゆるものを、徹底的に省いていきたいなと思います。